RSS   |   Archives   |   Log in
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200603
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カリビアンシリーズはベネズエラが優勝

 
第48回のカリビアンシリーズはベネズエラの6戦全勝で幕を閉じた。ベネズエラは1989年以来通算6度目、今回の代表チームのカラカス・ライオンズは1982年以来2度目のカリビアンシリーズ制覇となった。
個人成績ではMVPには打率.542、打点8、ホームラン3の大会三冠王に輝いたラモン・ヘルナンデスが選ばれた。最優秀投手賞は投手三冠部門(防御率、勝利、奪三振)でトップだったジェレミー・ゴンザレスが獲得した。ベストナインにはベネズエラのDHとして活躍した西武のカブレラや元広島のティモ・ペレスも選ばれた。そのほかの選手は次の通り。

ベストナイン
C Sandy Martinez Dominican Republic .342
1B Ramon Hernandez Venezuela .542
2B Edgar Gonzalez Mexico .524
SS Alex Gonzalez Venezuela .409
3B Luis Rodríguez Venezuela .310
LF Napoleón Calzado Dominican Republic .321
CF Alexis Gomez Dominican Republic .500
RF Timo Perez Dominican Republic .316
DH Alex Cabrera Venezuela .360

RHP Geremi Gonzalez Venezuela 1-0, 1.20 ERA, 12 K
LHP William Collazo Puerto Rico 0-1, 3.38 ERA, 7 K

http://www.laseriedelcaribe2006.com.ve/s_noticias/2006020703en.shtml
 

カリビアンシリーズ最終日第二試合は劇的な幕切れでベネズエラ勝利

 
カリビアンシリーズ最終日の第二試合はベネズエラ対ドミニカ戦が行われ、劇的な幕切れでベネズエラが5対4で勝利し同時に6戦全勝でカリビアンシリーズの優勝の栄冠を手に入れた。この試合、ベネズエラが勝てば優勝ドミニカが勝てば優勝決定戦に持ち込まれる一戦で試合前から両チームだけでなくファンの間でも緊張が見られる中でゲームは始まった。まず1回表にドミニカは先頭バッターのアンダーソン・ヘルナンデスがヒットで出ると相手のエラーとタイムリーで2点を先制した。その裏ベネズエラは1番、2番と連続四球で無死1塁2塁のチャンスを作ったが後続が続くことができず無得点に終わりプレッシャーによる重苦しい嫌な雰囲気がグランドの中に見て取れた。4回表には2本のヒットの後ホセ・オファーマンの犠牲フライで1点を追加しドミニカは3対0とリードを広げた。しかしその裏嫌な流れを断ち切ったのは今大会絶好調のラモン・ヘルナンデス。反撃ののろしを上げるソロホームランで1点を返した。そして6回裏にはグティエレスがライトへ2点タイムリー3塁打でようやく同点とした。しかしこの大会取られたら取り返すドミニカチームはすぐさまサンディ・マルチネスがソロホームランで1点を勝ち越し1点リードのまま9回裏をむかえた。9回の裏のベネズエラの攻撃は今日ホームランを打ったラモン・ヘルナンデスから。ヘルナンデスはリリーフとしてマウンドに上がったホルヘ・ソーサから6球目をライト前ヒット。続くグティエレスは送りバントでランナーを二塁に進め前回のドミニカとの対戦で逆転ホームランを打っているアレックス・ゴンザレスをむかえた。ゴンザレスは1ストライク1ボールの後の3球目を軽打しライト前にヒット。二塁ランナーは一挙ホームに生還し4対4の同点とした。続くバッターはヘンリー・ブランコ。1ボールの後の低めの球を打ったが擦るような当たりでショート後方への高いフライ。ドミニカのショートのエリック・アイバーがいち早く落下点に行くが高く上がったボールを一瞬見失いアイバーがボールをグラブに当てることもできず、アイバーの頭に当たったボールは転々とレフト後方へ。あっけに取られるドミニカナインをよそにランナーのゴンザレスは歓喜のホームイン。漫画の一コマでも起こらないようなことが起こりベネズエラがサヨナラ勝ちした。
 

カリビアンシリーズ最終日第一試合はプエルトリコがサヨナラ勝ち

 
カリビアンシリーズ最終日の第一試合はプエルトリコがメキシコに3対2で延長11回の末サヨナラ勝ちした。両チーム共に優勝の可能性の無い消化試合として行われたこの一戦。プエルトリコはまず1回、アレックス・シントゥロンのタイムリーで1点を先制した。その後メキシコが犠牲フライとホームランで逆転した8回、プエルトリコはこの日セカンドに入ったホセ・バレンティンが値千金の同点ホームラン。両チームの先発投手が好投し延長戦に入った。迎えた延長の11回裏、満塁のチャンスにエドワーズ・グスマンがセンターへサヨナラのヒット。プエルトリコはこの大会2勝目をまたもメキシコから挙げた。前回優勝のメキシコはこの大会いいところ無く0勝6敗で終了した。


 

カリビアンシリーズ第五日第二試合はベネズエラ勝利

 
カリビアンシリーズ第五日目の第二試合はベネズエラが危なげなく5対1でプエルトリコに勝利。5戦全勝で最終日にドミニカとの決戦を残すのみとなった。先制したのはプエルトリコ。1回にルベン・ゴタイのソロホームランで1点を先取した。しかし今日のプエルトリコの見所はここだけ。その後のベネズエラの4人の投手陣にゴタイのヒット2本だけ。ベネズエラは試合後半に点をあげ問題なく勝利を収めた。これでベネズエラは悲願の優勝まであと1勝。対するのは前回の対戦で激闘を繰りひろげたドミニカ。地元での巨大な声援を味方に17年ぶりのカリビアンシリーズ優勝となるか?それともドミニカが意地を見せプレーオフに持ち込むか。WBCを前に野球ファンなら見逃せない一戦になったといえよう。
 

カリビアンシリーズ第五日第一試合はドミニカの完勝

 
カリビアンシリーズ第五日目の第一試合はドミニカがメキシコに3対1で勝ち優勝への望みをつなげた。ドミニカの先発はオリオールズのダニエル・カブレラ。この試合で負けてしまえばシリーズが終わる可能性もあっただけにカブレラはある意味最も重要な場面での登板を託されたといってもよかろう。しかしカブレラは5回に2本のヒットとワイルドピッチで先取点を奪われてしまう。4回までノーヒットに抑えていただけに何とも悔やまれる失点だったが、しかし今大会のドミニカ打線はここ一番での勝負強さがすざましい。点を取られたすぐの6回にはナポレオン・カルサード、アレクシス・ゴメスの連続二塁打で一気に逆転、8回にはティモ・ペレスのタイムリーで3点を獲得。今日の安定したドミニカ投手陣にはこれで十分だった。ラモン・コロン、ホルヘ・ソーサのメジャーリレーであっさりメキシコの攻撃を封じ込めドミニカが明日の決戦への希望を残した。
先制のタイムリーを打ったナポレオン・カルサードは、
「この試合は本当に重要だった。明日はドミニカの強いところを見せたい。勝つかどうかは我々の野球が出来るかどうかにかかっている。」
と明日への意気込みをコメントした。



 

カリビアンシリーズ第四日第二試合はベネズエラがサヨナラ勝ち

 
カリビアンシリーズ第四日目の第二試合はベネズエラが昨夜の勢いをそのままに主砲カブレラのサヨナラヒットで4対3でメキシコに勝利した。前回の対戦では大敗したメキシコだがこの日は一味違った。まず2回に今大会絶好調のエドガー・ゴンザレスが2回にソロホームランで先制した。しかし3回までおさえられていたベネズエラはアレックス・カブレラのタイムリーでまず同点。その後もルイズ・ゴンザレスのタイムリーで逆転、ラモン・ヘルナンデスのホームランで3対1とリードして9回を迎えた。ベネズエラは抑えの守護神K-RODことフランシスコ・ロドリゲスを投入。先頭打者にヒットを許し二盗、三盗で三塁までランナーが進んだ。次のバッターは三振でおさえたものの、次のフアン・カニサレスに得意のスライダーを同点の2ランホームラン。試合が振り出しに戻ってしまった。メキシコは10回にも1、2塁とチャンスを作ったがベネズエラのリリーフでまだ22歳のマウロ・サラテが何とか抑えた。10回の裏ベネズエラは8番からの攻撃。8番、9番とあっさりとアウトになり延長11回が見えてきたそこからが勝負強かった。1番のルイス・ロドリゲスが初球をヒット。続くスクタロ、アルバレスがいずれもフルカウントまで粘った結果四球で出塁し4番のアレックス・カブレラにつなげた。カブレラはこの日タイムリーを打っており勝負を決定づけるお膳立ては万全の状況だった。メキシコもピッチャーをイグナシオ・フローレスに交代。カウント2ストライク1ボールに追い込んだものの、変化球を強振したカブレラの打球は三塁手の横をライナーで抜けサヨナラ勝ち。
カブレラは、
「ファンがホームランを期待しているのはわかっていたけど、ボールをしっかりヒットしてランナーを帰すことを心がけていた。ネクストバッターズサークルにいるときからイメージしていたことが実現できて良かった。我々のチームは優勝するに値するチームだよ。」
と喜びのコメントを残した。
これでベネズエラは初戦からラモン・ヘルナンデスのサイクルヒット、マルコ・スクタロの満塁ホームラン、アレックス・ゴンザレスの逆転ホームラン、そしてアレックス・カブレラのサヨナラヒットと日替わりでスターが活躍しており、それをサポートするまわりの選手ともどもチームのムードは最高潮であると感じざるを得ない。
 

カリビアンシリーズ第四日第一試合はドミニカ快勝

 
カリビアンシリーズ第四日目の第一試合は昨夜の激闘の末の敗戦からドミニカが見事に立ち直り9対2でプエルトリコに勝利した。前日のベネズエラ戦は深夜1時過ぎまで試合が行われ翌日デーゲームではドミニカ不利かとの噂もささやかれる中、さすが優勝候補はそんな心配ご無用とばかりにプエルトリコを子ども扱いした。
まずドミニカは2回、ヒットと犠牲フライで2点を先制すると4回にもこの日2打点目となるティモ・ペレスのタイムリーで1点を追加した。プエルトリコは6回この大会当たりの出ていなかったホセ・バレンティンの二塁打で3対2とした。しかしドミニカはここから地力が違った。カルサードのタイムリーで2点を追加するとその後もバッテリーのミスとタイムリーで6点を一挙に取得し試合を決めた。ドミニカの集中打は相変わらずで相手の隙につけこむ野球はさすがというしかない。プエルトリコは元気なく3敗目。投手陣が踏んばれない誤算が続いている。
 

カリビアンシリーズ第三日第二試合は大激戦の末ベネズエラの勝利

 
カリビアンシリーズ第三日目の第二試合は優勝候補のベネズエラ対ドミニカ戦が行われ史上稀にみる大激戦の末11対9で地元ベネズエラが逆転勝ちした。まず先制したのは1回裏のドミニカ。このシリーズでヒットの無かったエリック・アイバーが予定されていたビクトル・ザンブラーノから交代し急遽先発を言い渡されたエカートから2ランホームランを放った。その後も毎回1点ずつを加える展開でドミニカは着々とリードを広げた。そしてベネズエラの初得点は5回、カブスのキャッチャーであるヘンリー・ブランコがまずソロホームラン。6回にはタイムリーで1点を追加した。しかしドミニカもその裏にそれぞれ点を返しリードは保たれたままだった。ここでまず最初の山場が訪れたのは7回。ヒット2本と四球で無死満塁のチャンスにツインズのルイス・ロドリゲスがタイムリー2塁打。マルコ・スクタロの犠牲フライで2点差と詰め寄った後、アレックス・カブレラが起死回生の同点ホームラン。試合を振り出しに戻した。しかしドミニカも負けじと反撃。テハーダが7回、オファーマンが8回にホームランを放ち9対8とドミニカの1点リードで9回表を迎え第二の山場が訪れた。ベネズエラは主砲カブレラからの好打順。しかしカブレラはあえなく三振でこれまでかと思われた雰囲気の中、次のラモン・ヘルナンデスが執念のヒット。更にグティエレスがヒットで続いて次の打者はレッドソックスに移籍が決まったアレックス・ゴンザレス。ドミニカもメジャーでも対戦のあるホルヘ・ソーサに交代。しかし勢いはベネズエラにあった。2球目の高めに入ってくる変化球を強振した一撃はこの試合両チーム通じて8本目となる逆転のホームラン。その裏には満を持してエンゼルスのクローザーK-RODことフランシスコ・ロドリゲスがおさえベネズエラが劇的な勝利を手に入れた。
ベネズエラは1戦目ラモン・ヘルナンデス、2戦目マルコ・スクタロ、そして3戦目のアレックス・ゴンザレスとメジャー選手が効果的に活躍しておりチームの勢いは目下最高潮といったところか。一方のドミニカはさすがに自力のあるチームだけにそう簡単には負けないところを見せつけたが、いかんせん投手陣の質が物足りなく今後も打ち勝つ以外には策はさなそうである。
 

カリビアンシリーズ第三日第一試合はプエルトリコ初勝利

 
カリビアンシリーズ第三日目の第一試合は互いに連敗中のメキシコ対プエルトリコ戦が行われ10対9で乱打戦の末プエルトリコが勝利した。連敗中で何としても初勝利をあげたい両チームだが序盤から点の取りあいになった。まず1回メキシコがムニョスのソロホームランで1点を先制すると続く2回にはルイス・フィゲロアの3ランで逆転、更に1点を追加し次の回にも1点を加えたが、3回裏にメキシコはヒットとエラーで一挙5点を取り逆転した。その後も両チームが点を取りあい同点で迎えた9回、プエルトリコはビクトル・ロドリゲスの内野ゴロの間に1点を獲得。その裏もおさえのオケンドが逃げ切ってプエルトリコは何とか今シリーズ初勝利を手にした。メキシコはプエルトリコを上回る18本のヒットが出ながら投手陣が踏んばることが出来なかった。特にメキシコ投手陣は初戦から17点、10点、10点と大量点を取られており、今後の投手陣の踏ん張りが勝利の鍵になるであろう。
 

カリビアンシリーズ第二日第二試合はベネズエラの勝利

 
カリビアンシリーズ第二日目の第二試合はベネズエラ対プエルトリコ戦が行われ6対1でベネズエラがマルコ・スクタロの満塁ホームランを含む集中打で勝利した。前日の大勝の勢いを続けたいベネズエラは2回ツーアウトから四球と二本のヒットで満塁と攻めたて、初戦も3安打と好調だったスクタロがフルカウントからインコース低めのストレートをレフトスタンドへ運ぶ先制の満塁ホームラン。この回更に3連打で2点を追加したベネズエラは一気にリードした。一方のプエルトリコは4回に1点を返すのが精一杯でその後プエルトリコ投手陣はベネズエラ打線を2安打に抑えたものの追撃無く昨日に続いて連敗した。プエルトリコはベネズエラの11本に匹敵する10本の安打を打ちながら1点しかあげることができず、特に1回、2回とランナーを二人おきながらそれぞれチャンスをつぶして得点できないなど、昨日のドミニカ戦同様拙攻が目立った。ベネズエラはこれで2連勝となり明日同じ2連勝で勢いに乗っているドミニカと対戦する。
 

カリビアンシリーズ第二日第一試合はドミニカ逆転勝ち

 
カリビアンシリーズ第二日目の第一試合はドミニカ対メキシコ戦が行われ、10対6でドミニカがテハーダの逆転ホームランで勝利を手にした。この試合メキシコの先発は昨年のカリビアンシリーズのMVPである”パンチョ・ポンチェス”ことフランシスコ・カンポス。対するドミニカはメジャーでは好セットアッパーのジュリアン・タバレスが先発した。先制したのはメキシコ。3回の表タバレスを攻めホームランから長短5安打で一挙4点をリードした。しかしドミニカ打線がここまで好調だったカンポスを捉えたのが5回。ロニー・ベリヤードの四球を足がかりに4者連続出塁となるアンダーソン・ヘルナンデスのタイムリーで一気に1点差と詰め寄ると、チームの核であるミゲール・テハーダが高めの速球を右中間の一番深いところへ逆転のホームラン。その後も得点を重ねたドミニカはメキシコの追撃を押さえ勝利した。ドミニカは二試合連続の逆転勝ちとなり勝負強いところをここでも発揮した。メキシコは5回にエースのカンポスが崩れたのが大きかった。
 

カリビアンシリーズ初日第二試合は地元ベネズエラが大勝

 
初日の第二試合はベネズエラがメキシコを17対1で下し幸先の良いスタートを切った。この試合スコアが動いたのは4回。3回まで両チーム1安打と重苦しい展開の中1アウトから1塁にランナーを置いて西武のアレックス・カブレラが目の覚めるようなホームランで先制した。その回に1点を追加しその後も優位に試合を進めたベネズエラは終盤7、8、9回で計13点を上げる猛攻を見せメキシコをあっさりと突き放した。攻撃面では今オフにオリオールズへ移籍したラモン・ヘルナンデスがサイクルヒットで5打点の荒稼ぎ。カブレラも3安打3打点と健闘した。また大量得点で目立たないのだがピッチャーもよく頑張った。先発したレッドソックスのジェレミー・ゴンザレスは7回をヒット3本の7三振と好投し、チームとしてもメキシコを4安打1点に抑えた。リーグの中心バッターだったカルロス・ギーエンが抜けチームとして長打力が減ったかと思いきや初戦でこの大勝。スタジアムの応援もものすごく盛り上がっており、勢いに乗れば一気に優勝も狙える雰囲気である。
 

カリビアンシリーズ初日第一試合はドミニカの勝利

 
第48回のカリビアンシリーズがベネズエラのバレンシアとマラカイで2日幕を開けた。午後4時から行われた第一試合ではドミニカがプエルトリコを延長11回の末5対4で下しドミニカチームは幸先良いスタートを切った。4時間を越えたこの試合はまず3回オリオールズのスター選手ミゲール・テハーダの二塁打で均衡が破れた。ドミニカがまず2-0と先制するとプエルトリコはその裏に元ダイエーのペドロ・バルデスの3ランホームランで逆転した。しかしドミニカも6回にナポレオン・カルサードのタイムリーで同点、7回には相手のエラーで勝ち越し4-3とリードして終盤を迎えた。プエルトリコは8回3四球で満塁とした後ルイス・フィゲロアのタイムリーで同点とした。その後リリーフ投手の好投により延長戦が続き、11回の表1、2塁のチャンスからメッツのプロスペクトであるアンダーソン・ヘルナンデスが決勝のタイムリーヒットで勝ち越しそのまま試合を決めた。

値千金の一打を打ち4安打と活躍したヘルナンデスは、
「自分がドミニカ代表としてプレーするとは想像できなかった。こうやってチームを勝ちに導くヒットが打てて嬉しいし感激している。」
とコメントした。
監督のランデストイは、
「これからも楽しんでプレーできたらいい。我々は我々のプレーをするだけだ。」
と淡々と分析した。

プエルトリコチームは12安打と5四球をもらいながら拙攻に泣いた。サヨナラのチャンスを何度も逃しここぞというところで一打が出なかった。
トップバッターとして4安打を放ったアレックス・コーラは、
「チャンスを作ったが後一本が出なかった。ピッチャーが頑張っていただけに何とかしたかったが。。。」
とタイムリーが出なかったことを悔やんでいた。
 

カリビアンシリーズロースター(プエルトリコ)

 
プエルトリコ

Receptores:
René Rivera
Edwards Guzmán
John Lin Pachot (refuerzo)


Jugadores del cuadro:
Rubén Gotay
Luis Daniel Figueroa
Víctor Rodríguez
Alex Cora (refuerzo)
Alex Cintrón (refuerzo)



Jardineros:
Jorge Padilla
Pedro Valdés
Jesús "Motorita" Feliciano (refuerzo)
José "Tony" Valentín (refuerzo)



Lanzadores
William Collazo
José Santiago
Miguel Martínez
Iván Maldonado
Josué Matos
Ismael Casillas
Federico Báez
Matt Hammons
Jim Magrane
Brad Salmon
Giancarlo Alvarado (refuerzo)
Orlando Román (refuerzo)


Manejador:
Lino Rivera
 

カリビアンシリーズロースター(メキシコ)

 
メキシコ

MANAGER
Juan José Pacho



COACHES
Leo Rodríguez
Isidro Monge
Ignacio Rodríguez
Antonio Aguilera



RECEPTORES
Miguel Ojeda
Noé Muñoz
Roberto Saucedo



INFIELDERS
Édgar González
Héber Gómez
Luis Alfonso Cruz
Óscar Robles
Jesse Gutiérrez


JARDINEROS:
Mario Valenzuela
Trent Hubbard
Ray Sadler
Juan Carlos Canizález
Daniel Fornés



PITCHERS
Pablo Ortega
Francisco Campos
Walter Silva
Edgar González
Ariel Prieto
Ignacio Flores
José Luis García
Hugo Castellanos
Marty McLeary
José Cobos
Mauricio Lara
Julio César Jiménez


 

カリビアンシリーズロースター(ドミニカ)

 
ドミニカ

Receptores:
Sandy Martínez
Carlos Ruiz


Jugadores del cuadro:
Erick Aybar
Ronnie Belliard
Anderson Hernández
José Offerman
Willis Otañez
Hanley Ramírez
Miguel Tejada (refuerzo)


Jardineros:
Melky Cabrera (refuerzo)
Napoleón Calzado
Alexis Gómez (refuerzo)
Timoniel Pérez



Lanzadores:
Julián Tavárez (refuerzo)
Daniel Cabrera (refuerzo)
Juan Cruz
Valerio De Los Santos
Román Colón (refuerzo)
Jared Fernández (refuerzo)
Wilton Chávez
Carlos Pérez
Eddie Ramos
Jorge Sosa
Danny Tamayo
José Valverde (refuerzo)


Manejador:
Rafael Landestoy
 

カリビアンシリーズロースター(ベネズエラ)

 
ベネズエラチーム

Receptores:
Henry Blanco
Luis Rodríguez
José Umbria
Luis Apodaca


Jugadores del cuadro:
Alex Cabrera (refuerzo)
Alejandro Machado
Jairo Ramos
Marco Scutaro
Marco Yepez
Michael Sandoval
Rainer Olmedo (refuerzo)
William Bergolla
Luis Rodríguez (refuerzo)
Ramón Hernández (refuerzo)
Gregorio Petit


Jardineros:
Rafael Alvarez
Franklin Gutiérrez
Javier Herrera
Carlos Durán


Lanzadores:
Géremi González (refuerzo)
Albert Vargas
Armando Galarraga
Francisco "Kid" Rodríguez (refuerzo)
Harold Eckert (refuerzo)
Víctor Zambrano (refuerzo)
Víctor Moreno (refuerzo)
Yorman Bazardo (refuerzo)
Franklin Morales
Landon Jacobsen
Harvey García
Juan Carlos Ovalles
Juan Carlos Gutiérrez
Mauro Zárate
Juan José López
Orlando Trías
Wilfredo Ledezma
Tony Armas Jr.
Rolando Vallés
Felipe Paulino


Manejador:
Carlos Subero
 

カリビアンシリーズ明日開幕

 
ようやく開幕を迎える2006年のカリビアンシリーズ。
優勝するのはさてどこだろうか?

試合日程表

月/日 時間 (日本時間は翌日)
02/02 4:00pm (5:00am) R. Dominicana @ Puerto Rico Maracay
02/02 8:00pm (9:00am) Venezuela @ México Valencia
02/03 4:00pm (5:00am) México @ R. Dominicana Valencia
02/03 8:00pm (9:00am) Venezuela @ Puerto Rico Maracay
02/04 4:00pm (5:00am) Puerto Rico @ México Valencia
02/04 8:00pm (9:00am) Venezuela @ R. Dominicana Valencia
02/05 4:00pm (5:00am) Puerto Rico @ R. Dominicana Maracay
02/05 8:00pm (9:00am) México @ Venezuela Maracay
02/06 4:00pm (5:00am) R. Dominicana @ México Maracay
02/06 8:00pm (9:00am) Puerto Rico @ Venezuela Valencia
02/07 4:00pm (5:00am) México @ Puerto Rico Valencia
02/07 8:00pm (9:00am) R. Dominicana @ Venezuela Maracay
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気