FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200603
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カリビアンシリーズ第二日第二試合はベネズエラの勝利

 
カリビアンシリーズ第二日目の第二試合はベネズエラ対プエルトリコ戦が行われ6対1でベネズエラがマルコ・スクタロの満塁ホームランを含む集中打で勝利した。前日の大勝の勢いを続けたいベネズエラは2回ツーアウトから四球と二本のヒットで満塁と攻めたて、初戦も3安打と好調だったスクタロがフルカウントからインコース低めのストレートをレフトスタンドへ運ぶ先制の満塁ホームラン。この回更に3連打で2点を追加したベネズエラは一気にリードした。一方のプエルトリコは4回に1点を返すのが精一杯でその後プエルトリコ投手陣はベネズエラ打線を2安打に抑えたものの追撃無く昨日に続いて連敗した。プエルトリコはベネズエラの11本に匹敵する10本の安打を打ちながら1点しかあげることができず、特に1回、2回とランナーを二人おきながらそれぞれチャンスをつぶして得点できないなど、昨日のドミニカ戦同様拙攻が目立った。ベネズエラはこれで2連勝となり明日同じ2連勝で勢いに乗っているドミニカと対戦する。
 

カリビアンシリーズ第二日第一試合はドミニカ逆転勝ち

 
カリビアンシリーズ第二日目の第一試合はドミニカ対メキシコ戦が行われ、10対6でドミニカがテハーダの逆転ホームランで勝利を手にした。この試合メキシコの先発は昨年のカリビアンシリーズのMVPである”パンチョ・ポンチェス”ことフランシスコ・カンポス。対するドミニカはメジャーでは好セットアッパーのジュリアン・タバレスが先発した。先制したのはメキシコ。3回の表タバレスを攻めホームランから長短5安打で一挙4点をリードした。しかしドミニカ打線がここまで好調だったカンポスを捉えたのが5回。ロニー・ベリヤードの四球を足がかりに4者連続出塁となるアンダーソン・ヘルナンデスのタイムリーで一気に1点差と詰め寄ると、チームの核であるミゲール・テハーダが高めの速球を右中間の一番深いところへ逆転のホームラン。その後も得点を重ねたドミニカはメキシコの追撃を押さえ勝利した。ドミニカは二試合連続の逆転勝ちとなり勝負強いところをここでも発揮した。メキシコは5回にエースのカンポスが崩れたのが大きかった。
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気