RSS   |   Archives   |   Log in
201609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201611
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カロリーナ開幕戦で岡本が6番三塁で2安打デビュー プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
サントウルセ対カロリーナ
敵地サントゥルセで開幕を迎えたカロリーナだが、早速岡本が6番三塁でデビューを果たした。
プエルトリコについてすぐ、ほとんど準備も出来ない状態だったと考えられるが、
岡本は2打席目、サントゥルセ先発のエバン・グリルス(HOUのマイナー)から初ヒットを放つ。
9回にも2本目のヒットを放ち初出場でマルチヒットを記録した。
試合はサントゥルセがCINのイバン・デヘススJrの活躍で7-4で勝利した。
BOX SCORE (SAN 7-4 CAR)
 

各チームの紹介

 
Cangrejeros de Santruce
カングレヘロス・デ・サントゥルセ
公式HP:http://www.cangrejerospr.com/
本拠地:サンファン市
球場:イラム・ビソーン(Hiram Bithorn)
監督:ラモン・バスケス(Ramon Vazquez)
主な選手:カルロス・コレア(HOU)、フランシスコ・リンドール(CLE)、ハビエル・バエス(CHC)、JCロメロ、
ひと言:昨年の優勝チーム。ロベルト・クレメンテも在籍した名門チームが3連覇を目指す。 コレア、リンドール、バエスのMLBスター選手の参加も予定されており、今年の最も注目すべきチーム。 弱点は、新監督バスケスと昨年の優勝メンバーが3人しか残っていないことくらいか。

Criollos de Caguas
クリオージョス・デ・カグアス
公式HP:http://www.caguascriollos.com/
本拠地:カグアス市
球場:イルデフォンソ・ソラ・モラレス (Yldefonso Sola Morales)
監督:ルイス・マトス(Luis Matos)
主な選手:レイ・ナバーロ、ホセ・デラトーレ、サウル・リベラ
ひと言:GMと監督を兼任していたアレックス・コーラがことしはGMに専任し、新監督ルイス・マトスがチームを率いる。 マトスは2003年にMLBで3割を残したこともある好打者でチームの采配を振るうのは今回が初。 チームは比較的若い選手で構成され、勢いに乗れば一気に優勝まで突っ走ってしまうだろう

Indios de Mayaguez
インディオス・デ・マヤゲス
公式HP:なし
本拠地:マヤゲス市
球場:イシドロ・ガルシア(Isidro Garcia)
監督:ホセ・バレンティン(Jose Valentin)
主な選手:マーティン・マルドナード(MIL)、エディ・ロサリオ(MIN)、ケニス・バルガス(MIN)、ジョナサン・アルバラデホ(元巨人)
ひと言:熱い男、ホセ・バレンティンがフィールドに帰ってきた。 かつては自分でチームを持ったことがある熱血漢がチームを率いる。 タレント豊富な構成で、今年こそ優勝を狙う。

Gigantes de Carolina
ヒガンテス・デ・カロリーナ
公式HP:なし
本拠地:カロリーナ市
球場:ロベルト・クレメンテ(Roberto Clemente)
監督:ヘスス・フェリシアーノ(Jesus Feliciano)
主な選手:)マリオ・サンチアアゴ(元阪神)、ディッキー・ゴンザレス(元巨人)、ジョバンニ・ソト(CHC)
ひと言:カロリーナも新監督にヘスス・フェリシアーノを迎え今シーズンを戦う。 フェリシアーノはプエルトリコのウィンターリーグの顔とでも言うべき存在。知り尽くした庭で好勝負を期待。 またカロリーナには巨人から3選手、高木、平、岡本が参加。特に岡本は打者としてのプエルトリコでどこまで通用するかが見もの。 同僚のカージナルスのマイナー、アンソニー・ガルシアに引けを取らない打撃を期待したい。

Tiburones de Aguadilla
ティブロネス・デ・アグアディージャ
本拠地:アグアディージャ市
球場:ルイス・A・カネラ・マルケス(Luis A. Canena Marquez)
監督:カルロス・バエルガ(Carlos Baerga)
主な選手:ルベン・ゴタイ、ジャンカルロ・アルバラード(元DeNA)、レイモンド・フエンテス、イアン・スネル
ひと言:今年からプエルトリコの西の街、アグアディージャがリーグ戦に加わる。監督はMLBの名選手だったカルロス・バエルガ。 フレッシュなチームだが、選手は良いメンバーが揃っており台風の目になるかもしれない。

チーム紹介
 

祝 プエルトリコ・ウィンターリーグ開幕 2016-2017

 
昨日、プエルトリコのウィンターリーグが開幕した。
開幕戦は昨年の優勝チームサントゥルセと優勝候補カグアスの対戦で、
延長戦の末、シンシナティ・レッズのイバン・デ・ヘススのサヨナラHRが飛び出し、
4-3でサントゥルセがカグアスに勝利した。
BOX SCORE (SAN 4-3 CAG)

リーグ戦は12月30日まで続き、その後プレーオフは1月27日まで行われ優勝が争われる。
 

もうすぐ開幕 プエルトリコ・ウィンターリーグ 2016-2017

 
当地、10月27日に開幕するプエルトリコのウィンターリーグ。
着々と準備が進み、今年は昨年から1チーム増え5チームでのリーグ戦となった。
すでに各チームはロースターも発表されており、登録メンバーについては別途記事にしたい。

今年の日本人選手は、巨人から3選手がカロリーナ・ヒガンテスに所属しウィンターリーグに参戦する。
高木勇人、平良拳太郎の2投手と、巨人からは今回初めて野手である岡本和真がプレーする。
過去にプエルトリコでプレーした日本人野手といえば、
柳田悠岐、塚田正義(今年のウエスタンリーグ首位打者)等、
プエルトリコでプレー後に日本でブレイクする選手も出てきており、
巨人は岡本に一ランク上の打者への変貌を期待しての派遣だろう。
大いに期待したい。
プエルトリコに3選手派遣

また、例年参加していたソフトバンクと昨年参加したオリックスは今のところ派遣のアナウンスはない。
ちなみに、ソフトバンクの松坂がプエルトリコリーグへの参戦を予定している記事が新聞に載ったが、
おそらく独自の判断での参戦で、ソフトバンクからの派遣ということではないであろう。
その際の懸念事項として、
既にチームのロースターが決まっている状態で新たに入るスポットがあるのかということ、
つまり、チーム探しから自分で行う必要があり、実際にプレーするまで辿り着くには、
まだまだ超えなければならないハードルは色々とありそうだ。

いずれにせよもうすぐ開幕であり、今年はメジャーでブレイクした、フランシスコ・リンドール、
ハビエル・バエス、カルロス・コレアの参戦も予定されており、
意外に盛り上がるシーズンになるかもしれない。

ちなみに、このサイトがよくまとめられており、もっと知りたい人は参考にされるとよいかもしれない。
Puerto Rico’s 2016-2017 Winter Baseball League
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気