RSS   |   Archives   |   Log in
201610<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201612
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

日本人選手の状況 その3 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
プエルトリコのウィンターリーグもレギュラーシーズンは折り返し地点。
残り半分は各チーム主力選手の参加が予想されチーム力を高める戦いになってくる。

日本人選手のプレーを見てみよう。
岡本、高木、平良、それぞれ怪我無くプレーはできているものの、
まだベストなパフォーマンスには達していない様子。
特に岡本は打率.226、OPS.592となかなか数字が上がってこない。
チーム打率が.216の為、現地ではそれほど悪い印象を与えていないかもしれないが、
もう一皮むけるには物足りない。
私、個人的に気になるのは三振の少なさ。
ソフトバンクの柳田が参加したときは70打数で23三振とかなり強振していた。
せっかく異国の地に来ているので三振を怖がらずもっと振って良いのではないか?

岡本和真
62打数14安打 打率.226 本塁打0 打点5 盗塁0 四球5 三振12 OPS.592
STATS

高木勇人
0勝2敗 19.0回 防御率3.32 自責点7 被安打9 14四球 9三振 被打率.0.141
STATS

平良拳太郎
0勝0敗 3.0回 防御率6.00 自責点2 被安打5 1四球 1三振 被打率.0.385
STATS
スポンサーサイト
 

日本人選手の状況 その2 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
ウィンターリーグもそろそろ中盤へ。
MLBクラスの主力選手が参加する時期になってきた。
各チームの成績はアグアディージャがまだ1勝と波に乗れず、
それ以外のチームは首位に離されないようついていっている。
また、日本の新聞によると松坂の加入が現実味を帯びているようだ。
どんなパフォーマンスをするのか、やや気になる。

11月13日現在の日本人選手の状況

岡本和真
開幕戦以来マルチヒットが出ていなかったが昨日ようやく2回目のマルチヒット。。
三振の数は意外に少ないものの四球も少なく積極的な打撃を心がけているのか。
安打9本のうち二塁打4本は評価されてもよい。
39打数9安打 打率.231 本塁打0 打点2 盗塁0 四球2 三振6 OPS.612
STATS

高木勇人
これまで3回先発しまだ勝ち星は無い。
いずれも5回を投げ、初登板時は四球6と乱れたものの、その後は見事に修正。
しっかり試合を作れているようであり、十分戦力となっている模様。
15回投げて未だ被本塁打はゼロ。
0勝1敗 15回 防御率2.40 自責点4 被安打7 10四球 5三振 被打率.0.140
STATS

平良拳太郎
初戦は無難な投球を見せたもの、2回目の登板に崩れた。
防御率は悪いが今後の活躍しだいだろう。
0勝0敗 1.2回 防御率10.80 自責点2 被安打3 1四球 1三振 被打率.0.429
STATS
 

日本人選手の状況 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
ウィンターリーグが開幕しもうすぐ1週間。
日本人選手の所属するカロリーナも3試合を消化し、今のところ0勝3敗と勝ち星なし。
まだ3試合だが日本人選手の状況をレビューしたい。

岡本和真
開幕戦で2安打デビューしたものの後の2試合はヒットなし。
ただし全試合使っていただけているのは評価されている証拠。
今後、相手投手に慣れていけば成績も上がってくるのではないか。
11打数2安打 打率.182 本塁打0 打点0 盗塁0 四球1 三振2 OPS.432
STATS

高木勇人
3戦目の先発を任された高木がだ5回を投げ2失点で負け投手に。
被安打は1のものの与四球が6もあり、何か勝手が違ったのか。
初登板の緊張、準備不足、ボールの違い、ストライクゾーン、キャッチャーとの呼吸等々。
次の登板が鍵となりそう。
0勝1敗 5回 防御率3.60 自責点2 被安打1 6四球 1三振 被打率.0.67
STATS

平良拳太郎
平良は1安打1三振と無難な初登板で、今後もリリーフを任されるのであろう。
0勝0敗 1回 防御率0.00 自責点0 被安打1 0四球 1三振 被打率.0.25
STATS
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。