RSS   |   Archives   |   Log in
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2018カリビアンシリーズ 準決勝

 
●第1試合 プエルトリコ 6-5 ベネズエラ
2年連続の決勝を目指すプエルトリコと2009年以来9年ぶりの優勝を目指すベネズエラの対戦。
先制したのはベネズエラ。
ベネズエラは2回、プエルトリコ先発の元NPB選手オーランド・ロマンから犠牲フライを放ち1点を先制する。
5回にも長短4安打を集め3点を追加し4-0とリードを広げる。
一方のプエルトリコの反撃は6回。
満塁のチャンスに3番アンソニー・ガルシアが値千金の同点満塁HRを放つ。
ベネズエラは7回に1点を追加するもプエルトリコは8回。
バレンティンのタイムリーで同点とすると、相手のミスも重なり逆転に成功する。
最後はプエルトリコのクローザー、元西武のミゲル・メヒアが3人で締めゲームセット。
プエルトリコが決勝進出の切符を手にした。
BOX SCORE (PUR 6-5 VEN)

●第2試合 ドミニカ 7-4 キューバ
続く第2試合は今大会好調のキューバと同じく前回大会までの不調が嘘のようなドミニカの対戦。
先制したのはキューバ。
キューバは2回、ドミニカ先発の亡命キューバ人ユネスキ・マヤを攻め、
セペーダの3塁打に相手のエラーも混じり3点を先制する。
キューバ先発のブランコは5回まで3安打に抑えるも6回に捕まる。
まず、ドミニカは6回ロニー・ロドリゲスの2ランHRで2点を返し2-3とする。
続く7回にはエドウィン・エスピナルのタイムリーなどで3点を追加し5-3と逆転に成功する。
ドミニカは8回にも2点を追加し7-3とリードを広げる。
キューバは8回、セペーダのソロHRで1点を返すも、反撃はここまで。
ドミニカが7-4でキューバを下し決勝進出を決めた。
キューバは再三得点圏にランナーを進めながら追加点を奪えなかったのが響いた。
BOX SCORE (DOM 7-4 CUB)

2013年以降の優勝決定戦を行うフォーマットになってからプエルトリコとドミニカが決勝で戦うのは初。
というか、メキシコが決勝に進めなかったのが初。
かつてのライバルがメキシコの地で王座をかけて戦うこととなった。
プエルトリコの2連覇か、それともドミニカの6年ぶり優勝か。
スポンサーサイト
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。