FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2018カリビアンシリーズ 決勝

 
●決勝 ドミニカ 4-9 プエルトリコ
過去のカリビアンシリーズでは幾度となく名勝負を繰り広げてきたドミニカとプエルトリコ。
第60回の記念大会では決勝の舞台であいまみえることとなった。
ドミニカの先発は元中日のラウル・バルデス。
一方のプエルトリコはアダルベルト・フローレス。
ドミニカは1回表、2個の四球の後、フアン・ペレスの二塁打で2点を先制する。
3回にもジュニオール・レイクの二塁打で1点を追加し早くも3-0とリードする。
プエルトリコはルスニー・カスティージョのHRで1点を返すもドミニカも1点を追加し、
4-1のドミニカ3点リードで試合は終盤に進む。
大きく試合が動いたのが7回裏のプエルトリコの攻撃。
ここまで被安打2と好投しているバルデスから四球を2つ選びバルデスをマウンドから降ろすことに成功すると、
まずルベン・ゴタイが2点タイムリーヒットを放ち1点差に詰め寄る。
そしてダイアロン・バロナのヒットで1、2塁とした後がこの日のハイライト。
ジョナサン・モラレスが3ランHRを放ちプエルトリコが逆転に成功する。
プエルトリコの勢いは止まらず8回にも3点を追加し9-4とリードを広げる。
最終回はミゲル・メヒアが今大会3セーブ目を挙げて締めゲームセット。
プエルトリコが勝利し2018カリビアンシリーズを制した。
BOX SCORE (DOM 4-9 PUR)

プエルトリコはこの勝利でカリビアンシリーズ16度目の優勝。
プエルトリコ代表のクリオージョス・デ・カグアスは昨年に続き2連覇で5度目のカリビアンシリーズ制覇
同一チームによるカリビアンシリーズ連覇は、1957-58のティグレス・デ・マリアラオ(キューバ)、
1997-98のアギラス・シバエーニャス(ドミニカ)に続き3度目となった。
スポンサーサイト
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。