FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

レギュラーシーズン終了 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
2018-2019のレギュラ-シーズンが終了した。
1位はインディオス・デ・マヤゲスが21勝14敗の成績を残した。
マヤゲスはシーズン途中に連勝で首位の座を奪うとそのまま最後まで独走。
2位のヒガンテス・デ・カロリーナに4ゲームの差をつける圧倒的な勝利だった。
3位にはカングレヘロス・デ・サントゥルセが入り、ここまでがプレーオフに進出。
一昨年、昨年のチャンピオンチームであるクリオージョス・デ・カグアスは残念ながらプレーオフに進めなかった。
上位3チームはプレーオフを戦い、優勝チームがカリビアンシリーズのプエルトリコ代表となる。

また、個人成績は、来シーズンから千葉ロッテに来るケニス・バルガスが打率、本塁打の2冠を獲得。
チームも優勝したことよりMVPの最有力候補となっている。
しかしながら、バルガスは契約によりプレーオフは参加せず日本のキャンプに備えることとなりそうである。

2018_batting.jpg

一方投手部門では、今シーズンから先発投手に転向したフェルナンド・カブレラが防御率のタイトルを獲得。
37歳にしての配置転向で新たな一面が見いだされたようだ。
(あの、ノーコンピッチャーの面影はどこへ、、、)

2018_pitching.jpg


スポンサーサイト
 

日本人選手の成績まとめ プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
今ウィンターリーグに参加したソフトバンク3選手の成績を振り返ってみたい。

高橋純平
結局、参加中に勝利を挙げることはできなかった。
良い投球をしていても急に連打を浴びるケースが多く、長いイニングを任せられなかったようだ。
コンスタントに三振は取れていたので、そこだけは協調できるポイントか。
0勝2敗 20.1回 防御率7.08 自責点16 被安打25 9四球 15三振 被打率.0.294
STATS

周東佑京
代打なども含め26試合に出場しバッティングスタイルから長打は1本もなかったが、そこそこの打率を残すことができた。
56打数17安打 打率.304 本塁打0 打点2 盗塁2 四球5 三振11 OPS.527
STATS

真砂勇介
一方、真砂は打率という点でやや苦戦。
球団がどういう意図で送り込んだかにもよるが、長打力の育成を目指すならもっと三振しても良かったかも。
ちなみに、2011年の柳田は70打数で23三振。
54打数10安打 打率.185 本塁打0 打点6 盗塁1 四球7 三振14 OPS.519
STATS
 

高橋純平、4度目の先発も勝利を挙げられず プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
高橋純平がマヤゲス戦で4度目の先発をしたものの初勝利を挙げられなかった。
何とか初勝利を願ったが、マヤゲス打線に捕まり連打を浴びた。
高橋は初回、2回と危なげなくイニングを消化し危なげない立ち上がり。
しかし3回、登板中に指に違和感?(マメ?爪?)を感じトレーナーをマウンドに呼ぶ。
2,3球の投球練習をして大丈夫だと判断して登板続行。
しかしその後、本塁打を含む長短4安打を浴びて3失点で降板。
残念ながら今日も勝ち星を挙げることはできなかった。
また、チームもその後失点を重ね11-3で敗戦した。

BOX SCORE (MAY 11-3 CAR)

この試合はFacebookで生中継していたので見ていたのだが、2回までは何の問題もない立ち上がりだった。
特に変化球が効果的で3三振を奪う上々のピッチングで初勝利を予感した。
しかし3回に捕まりあっという間に3失点。
今回の参加の全般的に言えるんだけど、打たれだすと止まんなくなるね。
ただ、映像で見ている限りは球の質は悪いわけではなく、十分通用しているように見えるので、次こそ期待したい。

下がFacebookの中継ビデオ映像


 

現地地元紙で日本人選手特集 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
現地新聞、プリメーラ・オラ紙で日本人特集の記事が出た。
毎年恒例となってる感があるが、今回は過去にウィンターリーグに参加した柳田、岩嵜や岡本を例に挙げ紹介。
帯同しているソフトバンクの鈴木トレーナーは「プエルトリコは日本の2軍よりレベルは高い。」とコメント。
高橋についても「(プエルトリコでは、)まだ良い時と悪い時の差が激しいが、慣れない状況の中でアジャストする技術を学んでほしい」とのこと。
NPBの選手は日本から出たことが無い人がほとんどだと思うので、異なる環境の下でどう対応できるかも課題の一つですね。
Japoneses vienen a la Isla buscando mayor nivel

おまけ
地元の子供たちにサインする周東選手?(リーグ公式Facebookより)


来年から千葉ロッテに来るケニス・バルガスの本塁打シーン。(リーグ公式Facebookより)

プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。