FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

マヤゲス、シリーズ制覇!

 
プレーオフ第8戦が現地26日、ロベルト・クレメンテ球場で行われ10-0でマヤゲスが勝利しプエルトリコリーグの優勝を決めた。最優秀選手には今シリーズ3勝をあげたマヤゲスのジョナサン・アルバラデホ(PITのA)投手が輝いた。前日に王手をかけたマヤゲスは敵地でも勢いがあった。1回の表にいきなりアンドレス・トレス(CHWのAAA)の二塁打とランディ・ルイス(PHIのA)の内野安打で3点を先制した。続く二回にも2死球の後再びアンドレス・トレスが三塁打で2点を追加、一気に試合を決めた。その後もマヤゲスは攻撃の手を休めず小刻みに追加点を重ね12安打で大量10点をあげて勝利した。投げてはアルバラデホが三安打の完封勝利でここ一番にも強いところを見せつけた。アルバラデホはこのシリーズで3試合それぞれ重要な試合で先発してすべてにおいて結果を残した。MVP受賞に関して「信じられないくらい光栄なことだ。まだ(僕は)22歳だよ。こんな賞を貰えるなんて想像もしてなかった。でもこうやって一生懸命やってきたことに対して、そして優勝したことに対して神にありがとうと言いたい。」と興奮しながらコメントした。またこの優勝で監督のマコ・オリベラスは最多タイの6度目のプエルトリコリーグ優勝となり、三チームでの優勝は過去初めてのこととなった。今シーズン前にはドミニカのチームを率いることになっていたのだったが、直前に契約を破棄され急遽マヤゲスの監督に就任した。しかし主将ホセ・バレンティン抜けたマヤゲスを見事に操り、レギュラーシーズンを2位プレーオフで優勝したあたりはさすがプエルトリコの名将という称号が与えられているだけのことはある。試合後は「この優勝は私に栄光を与えてくれた。アルバラデホはすばらしいピッチングだったし、他の選手も作戦通りアグレッシブに戦ってくれた。すべてにおいて上手くいったシリーズだった。」とまとめた。この優勝でマヤゲスは15回目のプエルトリコリーグ優勝となり、カグアスの14回を抜いて単独トップになった。さて次は2月1日からメキシコで始まるカリビアン・シリーズで戦うことになる。メジャーリーガー豊富なドミニカ、若手でスピードがあるベネズエラ、地元でやる気満々のメキシコと相手は強いが、2000年以来の優勝をぜひ勝ち取ってきてほしい。

http://www.primerahora.com/noticia.asp?guid=5D4EEF321C5B49BF9BA116FC77B1B436

Tracback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンドレス・トレス

アンドレス・トレス 背番号44中堅手 右投げ両打ち 1978年1月26日生まれプエルトリコ出身 1998年ドラフト4位(デトロイト・タイガース)アンドレ・トレス。この名前を聞いて誰のことか分かる日本人はそう多くはないであろう。トレス選手は今年のスプリングトレーニ. ...

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気