FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

プレーオフ第六戦ポンセが勝利、3勝3敗のタイに

 
プエルトリコのウィンターリーグプレーオフ決勝第六戦が行われ地元ポンセが1-0で勝利、シリーズの成績を3勝3敗のタイに戻した。ここを負けると後がなくなる第六戦、ポンセは大事なマウンドをキューバ人のアレイ・ソレールに任せた。試合は前の試合と同様に投手戦。6回まで互いに点が取れない展開となった。勝敗の鍵となったのは7回。カロリーナは7回表1アウトの後ハビエル・バレンティンが二塁打で出塁、ジャディル・モリーナのレフトへの大飛球で2アウトの後、ポンセのコーチはソレールにグスマンへ敬遠を指示。塁を埋めてカロリーナのチャンスと思われたところでスコールが降り14分間の中断。再開後スコールは落ち着いてパディージャをショートゴロに片付けた。その裏ポンセは2アウトからアンディ・ゴンザレス、タイク・レッドマンがヒットで続いて2アウト1、2塁とチャンスを広げた。ここでカロリーナは先発のサンティアゴからミネソタツインズ(今期は移籍でエンゼルスへ移籍)のセットアッパーJ・C・ロメーロを投入。しかしこれが大誤算。アンヘル・パガン、オマール・ガルシアと連続で四球を出し押し出しで1点。結局この1点をポンセが守りきり前の試合と同様1点差での勝利だった。さぁ残り3戦、どちらに勝利の女神が微笑むか?

今日のニュースにはソースとなるページがありません。悪しからず。

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気