FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カロリーナ、シーズン初優勝!

 
プエルトリコのウィンターリーグプレーオフ決勝の第八戦が昨日行われ、カロリーナ・ジャイアンツが6-0で勝利しプレーオフを制した。この結果カロリーナは創立6年目にして初優勝、監督のリノ・リベラも就任1年目で優勝という快挙を成し遂げた。
試合は電力不足の停電のためプレイボールが大幅に遅れ、試合を開始したのは予定時刻より2時間遅れた9時29分のことだった。まず試合をリードしたのはカロリーナ。2回にヒットと二つの死球で一死満塁と攻め立てセサール・クレスポの打球は三塁ゴロ。ダブルプレーを狙ったが成立せず1点を先制。続く3回にはハビエル・バレンティンとペドロ・バルデスの連打の後ヤディアー・モリーナの犠牲フライで1点を追加。一気に試合を優位に進めた。その後もカロリーナは小刻みに追加点を挙げ、投げてはウィリアム・コジャッソとフェデリコ・バエスがポンセ打線を1安打に抑える好投で完封。シリーズの王手から一気に優勝をもぎ取ることに成功した。カロリーナのリノ・リベラ監督は「今日は特別な勝利だ。今日球場に来てから勝てそうな予感がしていたのだが、まさか本当になるとは。神様に感謝したい。」と喜びを表現し、「1年目で優勝できるとは全く思っていなかった。」と驚きの表情を素直に表現した。チームの中心選手のヤディアー・モリーナは「今年は優勝するためにこのチームに加わってプレーしてきた。実現できて非常に嬉しい。」と歓喜のコメントを残した。負けたポンセのホセ・クルス監督は「選手はよくやってくれた。向こうにはいいプレーが多かった。敬意を表したい。(監督の)リノもいい仕事をしたよ。」と負けても満足の表情だった。またこのシリーズのMVPには補強選手のハビエル・バレンティンが選ばれ、「チームの優勝に貢献できて嬉しい。短期間でチームに溶け込むことも出来たし自分の仕事ができたと思う。」と途中参加でありながら優勝に貢献したことを喜んだ。

http://www.primerahora.com/noticia.asp?guid=D9F29872274A43229E0EA37C6809CDA3

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気