FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

ファイナル第2戦はカロリーナが勝利

 
プエルトリコ・ウィンターリーグのファイナル第2戦がカロリーナのロベルト・クレメンテ球場で行われ、地元カロリーナが劇的なサヨナラ勝ちを収め対戦成績を1勝1敗とした。
昨日は貧打に喘いだカロリーナだが今日もアレシボの先発ビル・プルシファーに序盤から抑えられた。2回にアレシボに1点を先制されると8回にも追加点を奪われ0-2と2点のビハインド。ここでアレシボは7回を5安打に抑えてきたプルシファーからセットアッパーにスイッチ。しかしこれが結果的に大誤算となった。8回裏カロリーナは1死後まずセサール・クレスポが四球を選ぶとルイス・ダニエル・フィゲロアがヒットで続き1、3塁とチャンスを広げた。しかし次のルイス・ウィッチョ・フィゲロアの当りは内野ゴロ。ゲッツーで万事休すかと思いきや1塁はセーフの判定でまず1点。次のペドロ・バルデスは四球で続くと昨日ホームランを打ったフアン・イゴール・ゴンザレスがここでセンター前に抜けるヒット。センターのフェリシアーノの懸命のバックホームも及ばす2-2の同点となった。こうなったら地元カロリーナファンの熱気も最高潮に達した。カロリーナは9回も四球の後ランナーを2塁に進めて最後のバッターはルーベン・ゴタイ。試合を決める一撃はライトへのクリーンヒットだった。これで両チーム地元で勝利して1勝1敗のタイ。フアン・ゴンザレスがここに来て調子を上げてきており、まだまだ勝負の行方はどっちに転ぶかわからない雰囲気が漂っている。

http://www.primerahora.com/noticia.asp?guid=1DCF2FB30CD6449AA1CC3928256D0D2F

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気