FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カリビアンシリーズ6日目(最終日)

 
ベネズエラ対メキシコ
前日ドミニカを倒した両チーム。最終戦は優勝争いかと思うくらいの白熱した戦いとなった。2-2で迎えた9回表まずメキシコは四球を挟んで4連続タイムリーヒットで一挙に5点を獲得、7-2と大きくリードを広げた。しかしベネズエラもその裏、犠牲フライで1点を返すとその後連続タイムリーが飛び出し一気に2点差まで詰め寄った。更に1死1、3塁とチャンスは残ったがここで痛恨のショートゴロダブルプレイでゲームセット。なんとかメキシコが逃げ切った。これで両チームは2勝4敗でこの大会を終了した。

ドミニカ1対ドミニカ2
ドミニカリーグチャンピオンのアギラスが優勝するには今日勝って翌日の優勝決定戦に持ち込無しかない一戦。迎えうつ形となったドミニカ第2代表のリセイも昨日の負けを考えるとそれほど余裕では戦えない。しかしアギラスの地元で満員の観客で埋め尽くされた第50回カリビアンシリーズの世紀の一戦は意外な大差がついた。何が何でも勝たなくてはいけないアギラスの先発は昨年レンジャースのAAAで投げたアルフレッド・シモン、一方のリセイはブリュワーズのホセ・カペラン。しかしこの重要な試合にシモンは安定したピッチングができない。まず2回リセイは元広島のティモ・ペレスのタイムリーで1点を先制、続く3回にも1点を追加し2点をリードした。一方のアギラスもその裏、ランナーを2塁に置いてラファエル・ファーカルが同点の2ランホームラン。昨日から元気のなかったアギラスナインと地元応援団の勢いは一気に最高潮になった。しかし先発のシモンとリリーフしたファビオ・カストロが大誤算。4回表にエンゼルスのエリック・アイバーとシンシナティ・レッズのプロスペクト、フアン・フランシスコの連続2塁打で一気に4点奪われ大きくリードを許すこととなった。一方リセイは4回から第3戦の直接対決で好投したラモン・オルティスを登板させた。この起用が大当たりでオルティスは5回を4安打無失点で切り抜け、9回に2点を追加したリセイはこの試合を8-2で勝利することができた。リセイは5勝1敗でカリビアンシリーズ10度目の優勝。これは1チームの優勝回数としては最多でありドミニカ勢としても最多の17度目の優勝となった。また今回リーグの優勝チームが初めてカリビアンシリーズを制することとなった。大会のMVPは11回2/3を無失点に抑えアギラスから2勝を挙げたラモン・オルティスが選ばれた。一方のアギラスは3勝3敗となり地元での記念すべき優勝を達成することはできなかった。結果的にはリセイにドミニカリーグのリベンジを果たされ悔しい結末となった。

6日目の結果

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気