FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

プエルトリコ野球 プレーオフ・ファイナル結果(1月20日)

 
プエルトリコ野球 プレーオフ・ファイナル第二戦結果

1月20日
アレシボ(1勝1敗) 9-4 ポンセ(1勝1敗)
 プレーオフファイナル第二戦は地元に戻ったアレシボが逆転勝ちを決め勝敗を1勝1敗のタイとした。
 公式戦から8連勝中と絶好調のポンセはアジアシリーズでも西武を苦しめたジャンカルロ・アルバラードが先発、一方のアレシボはレギュラーシーズン最多勝のホスエ・マトスが先発した。勢いに乗っているポンセは3回表イバン・ロドリゲスが四球を選び押し出しで1点を先制、6回表にもフェルナンド・コルテスのタイムリーとルイス・フィゲロアの二塁打で計3点をあげ4対0と大きくリードをした。しかしその裏アレシボは5回まで3安打に抑えられてきたアルバラードを攻め無死満塁のチャンスを作り、まずキャッチャーのパスボールで2点を返すと続くホセ・ベラスケスのシングルヒットで更に1点、リッチ・タウンゼントの三塁打で1点で同点、エドワルド・グスマンの犠牲フライで5点目をもぎ取り逆転に成功すると、仕上げはレネ・リベラのホームランでこの回一挙6点を取り逆転に成功した。こうなったら流れはアレシボのもの。8回裏にはリッチ・タウンゼントのソロホームランとレネ・リベラの今日2本目の2ランホームランで9対4と一気に突き放し試合を決めた。アレシボの投手陣も逆転した7回以降はチャンスを作らせず完勝と言っていい試合となった。タイに持ち込まれたポンセは相手に一瞬の隙を突かれたのが敗因か。前回書いたようにアレシボの打撃がポイントと思われていただけにこの試合で勢いつかせてしまったのは痛いといえよう。

Arecibo 9-4 Ponce

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気