FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

WBC第一ラウンド プエルトリコ代表 対オランダ戦劇的勝利

 
WBCの第一ラウンド、プエルトリコ対オランダ戦が行われ、昨年の秋に父を亡くしたヤディアー・モリーナの劇的なタイムリーヒットで逆転勝ちを飾った。

今日勝てば第2ラウンド進出が決定する大事な試合、相手は当初予想されたドミニカではなくそのドミニカを破ってきたオランダだった。プエルトリコの先発は注目のイアン・スネル。試合はまずオランダが2回にタイムリーヒットで先制するとプエルトリコも3回、2アウトから今日先発出場のバーニー・ウィリアムスとラモン・バスケスが連続四球で出塁すると、続くカルロス・ベルトランがライト前ヒット。バーニーが果敢にホームを付くがホームでタッチアウト。前回大会の対キューバ戦、ユニエスキ・グリエルのバックホームにパッジがアウトになってヘルメットを叩きつけたシーンが思い出され嫌なムードが流れはじめた。4回以降もプエルトリコは得点圏まで再三ランナーを進めるものの、あと一本が出ず重い空気のまま試合は進んでいった。この流れを変えたのが今日先発マスクのヤディアー・モリーナ。モリーナは7回表に相手の盗塁を持ち前の強肩で刺すと、8回裏1アウト満塁から満員のファン待望のタイムリー2塁打を放ち逆転に成功。次のフェリシアーノもタイムリーでこの回3点を挙げた。9回表はロメロから守護神フェルナンド・カブレラに繋ぎゲームセット。グループDから第2ラウンド進出を決めた。

この勝ちはかなり大きい。これ負けていれば下手したら1次ラウンド敗戦も考えられた所。こういう、ここ一番ではワールドシリーズ優勝キャッチャーの実績がやはり生きた。パッジもそうだが、大一番で仕事をしそうな選手は何かやりそうな雰囲気を持っている。とりあえず第2ラウンド進出を決めたが、今の所チームの状態はすこぶるいいので、このままトラブル無く進めばいいところに行きそうな気がしてきた。

BOX SCORE

http://www.primerahora.com/diario/noticia/beisbol/acciondeportiva/emocionante_triunfo_de_puerto_rico_frente_a_holanda_en_clasico_mundial_de_beisbol/282051

http://www.elnuevodia.com/fue_un_juego_emocional_/543088.html

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気