FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

WBCプエルトリコ代表 第2ラウンド対アメリカ戦まさかの逆転サヨナラ負け

 
WBCの第2ラウンド、グループ2の敗者復活戦となるアメリカ戦が行われたがプエルトリコはアメリカに5-6で逆転サヨナラ負けを喫し、第2回WBCは第2ラウンドで敗退することとなった。

アメリカには初戦でコールド勝ちしている上にアメリカに怪我人が続出しているということもあり、戦前はプエルトリコやや有利の予想だった。アメリカ先発はテッド・リリー、一方のプエルトリコはジョナサン・サンチェスと左腕の対決となった。まず先制したのはプエルトリコ。2回表にアレックス・リオスのソロホームランで1点を先取した。しかしアメリカもその裏、マッキャンの犠牲フライとビクトリーノのタイムリーで逆転に成功、2-1と試合をひっくり返した。アメリカは続く3回にもユーキリスのソロホームランで1点を追加し3-1とリードを広げた。この1点で意気消沈しかけた雰囲気を拭い去ったのが4回の主砲デルガドの同点2ランホームラン。デルガドの一振りで一気に試合を振り出しに戻しチームにも活気が戻った。プエルトリコはフィゲロア、ロペス、フェリシアーノ、リベラとリリーフ陣も何とか持ちこたえ6回にはリオスのタイムリーが飛び出し1点をリードし終盤を迎えた。8回裏には2死3塁という厳しい場面にリリーフしたロメロがマッキャンを三振に取りあとアウト3つというところまで来た。また9回にはラモン・バスケスのタイムリーで1点を追加、5-3の2点リードで9回裏の守りを残すのみになった。9回裏はロメロが続投。しかしアメリカはビクトリーノ、ロバーツと連続ヒットで無死1、2塁とチャンスを作った。続くジーターはライトフライに倒れ1死1、3塁となった。ここで1塁ランナーのロバーツが盗塁を決め2、3塁とすると続くロリンズは四球で満塁。ここでロメロからクローザーのフェルナンド・カブレラにスイッチ。しかしカブレラはユーキリスに押し出しの四球を与えリードは1点に、そして続くライトに低めのボール球をライトに運ばれ悪夢の逆転サヨナラ負けとなってしまった。
準決勝までもう後アウト2つというところまで来たが今回も悲願達成はならなかった。

BOX SCORE

Sin boleto a Los Ángeles

Desconsuelo tras derrota de Puerto Rico en el Clásico Mundial de Béisbol

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気