FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

ファイナル第四戦はポンセが勝利し2勝2敗のタイに!

 
ファイナルシリーズ第四戦はプエルトリコの南に位置するポンセで行われ、
地元ポンセが4-1で勝利しシリーズの成績をタイに戻した。

延長15回夜中の2時45分まで続いた激戦の翌日の今日は4時半から始まるデーゲーム。
両チーム共に総力戦で選手に疲れも残っているだろうが、そうは言ってられない状態だ。
カグアスの先発はオーウェン、ポンセの先発はニューバイと好投手同士の対戦。
しかし勝負の決め手となったのは守備だった。
初回ポンセは四球で出たリチャードソンが盗塁を試みる。
ここでカグアスキャッチャーのヒメネスがセカンドへ悪送球でリチャードソンは3塁へ。
その後ホセ・ルイスのタイムリーでポンセは1点を先制する。
3回表にはカグアスがペドロ・バルデスの三塁打で同点に追いついたのもつかの間、
その裏ポンセは2つの四球と送りバントでチャンスを作ると内野ゴロの間に1点勝ち越し、
さらに1回にタイムリーを打ったホセ・ルイスがまたもタイムリーでポンセが2点をリードする。
カグアスはランナーを出すもののあと1本が出ず苦しい展開が続く。
そして迎えた6回裏のカグアスの守備。
先頭のロビンソン・カンセルの打球をカグアスの遊撃手フィゲロアがエラーで出塁させてしまうと、
ピッチャーのオーウェンまでもがけん制悪送球でカンセルを三塁まで進めてしまう。
二死までこぎつけるものの代打のトラビス・ガルシアにタイムリーを打たれ3点のビハンイド。
今日のカグアスは安打数でポンセを上回るもののタイムリーが出ず完敗。
昨日の疲れが出ているのか守備も乱れてしまった。

これでシリーズは2勝2敗のタイ。
決戦は残り3試合。
地元プエルトリコ開催のカリビアンシリーズに向けていい勝負を期待したい。

BOXSCORE(PON 4 - 1 CAG)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気