FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カリビアンシリーズ初日はメキシコとベネズエラが勝利

 
第52回カリビアンシリーズが幕を開けた。
初日の対戦は第一試合がメキシコ対ドミニカ、第二試合がプエルトリコ対ベネズエラ。

メキシコ対ドミニカ
オープニングゲームは土壇場で追いついたメキシコが延長戦を制す。
カリビアンシリーズで最多優勝を誇るドミニカは開幕戦も優位に試合を進める。
3回に相手の送球エラーでまず1点を先制、
6回にもタイムリーヒット2本で2点を追加し3-0とリードを広げる。
ドミニカの先発ピッチャーであるラウル・バルデスも6回までメキシコに点を与えない。
ドミニカの完勝ペースと思われた試合は7回裏、
2アウト2、3塁のチャンスにメキシコのカルロス・バレンシアの打球は3塁への内野安打。
これが相手の悪送球を誘い2人のランナーが一気に返りメキシコは1点差に詰め寄る。
そして迎えた9回裏。
メキシコは簡単に2人が打ち取られゲームセットまであと一人。
ここで7回にヒットを打ったカルロス・バレンシアが何とかヒットで出塁。
代走にレオナルド・エラスを送る。
ここでエラスが値千金の盗塁を決めバッターのバルバロ・カニサレスにすべてを託す。
そしてカニサレスが土壇場で同点のタイムリーヒットを打ち二死ランナー無しから、
メキシコは試合を振り出しに戻すことに成功する。
ここから両チーム、チャンスは何度も作るもののあと1本が出ず長い延長が続く。
そして迎えた15回裏、またも二死ランナー無しから連打で1、2塁のチャンスを作ると、
フランコの打球はライト線の小フライ。
今日再三の好守備を見せているドミニカのライトのナニータがダイブをするも及ばず、
5時間22分にわたる長い試合は幕を閉じた。
メキシコは幸先良い1勝、強豪ドミニカはまさかの敗戦となった。

BOXSCORE (MEX 4 - 3 DOM)

プエルトリコ対ベネズエラ
第一試合の影響で試合開始が夜の11時近くになった第二試合。
地元プエルトリコの登場ということで優勝に向けて何としても勝ちたい試合。
しかしプエルトリコの先発ウィリアム・コジャッソは味方の守備に足を引っ張られる。
1回表、先頭打者ロメロの打球は3塁前のゴロ。
三塁手レイ・ナバーロは簡単に捕球したものの一塁へ悪送球でランナーを許す。
その後、犠牲フライとタイムリーで2点を奪われ、
尚もアルフォンソの打球はレフトへライナー性の当たり。
しかし今度はルイス・モンタニェスがこれを落球し1回表に重い4点がプエルトリコにのしかかる。
何とかして反撃に出たいプエルトリコは3回、4回にそれぞれ1点ずつを挙げ追い上げる。
ベネズエラも1点を追加し5-2で迎えた8回裏のプエルトリコの攻撃。
ヒット2本と四球で無死満塁のチャンスの場面を作る。
ここで登場するのは4番のペドロ・バルデス。
長打が出れば一気に同点も見える手に汗握る場面となったが結果は最悪の内野ゴロゲッツー。
1点を返すものの後は続かず9回も無得点。
ベネズエラが逃げ切り5-3で勝利を挙げた。
プエルトリコはエラー3つが響き痛い敗戦となった。

BOXSCORE (VEN 5 - 3 PUR)

Comment

色々教えてくださってありがとうございます。おかげで見れました。
ドミニカとメキシコのは盛り上がりましたね。さっそくセラフィニとかアブレイユもでてましたし。
好守を披露していたドミニカのRF(ナニでしたっけ?)の所に最後、打球がいって負けたのはなんか野球というスポーツはこういうものなんだと感じましたね。
プエルトリコとベネはあんまし見れなかったんであれですが、プエルトリコはちょっと完敗という感じに見えました。

2011.02.04 | 野球ふぁん[URL] | Edit

          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気