FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カリビアンシリーズ5日目はベネズエラとプエルトリコが勝利

 
カリビアンシリーズ5日目が行われベネズエラとプエルトリコがそれぞれ勝利し、
優勝の行方は最終戦または優勝決定戦まで持ち越されることとなった。

ベネズエラ対ドミニカ
まだ優勝の可能性を残してる両チームの戦い。
ベネズエラは相手のエラーで4回に先制すると5回にはアレクシス・エスピノーザのHRで2-0とリードする。
ドミニカはランナーは出すもののタイムリーが出ず得点が奪えない。
次の1点を取ったのもベネズエラ。
8回裏にジャクソン・メリアンのタイムリーで3-0とリードを広げる。
9回表のドミニカの最後の攻撃も先頭バッターが出塁するものの最後はダブルプレーで試合終了。
ドミニカはベネズエラ相手に痛い敗戦を喫することになった。

BOXSCORE (VEN 3 - 0 DOM)

プエルトリコ対メキシコ
目の前でのメキシコの優勝を止めるためにも何としても勝たなくてはいけないプエルトリコ。
まず1回ルイス・モンタニェスが2アウトから先制タイムリーを放つ。
しかし先発のニューバイが2回に三者連続四球を与えピンチを作ると、
今度はショートのルイス・フィゲロアのタイムリーエラーで2点を奪われ逆転される。
このあと試合はめまぐるしく動く。
2回の裏にプエルトリコが3点を挙げ勝ち越すとメキシコは5回表に2点を挙げ同点。
しかしプエルトリコもその裏さらに2点を追加し6-4とプエルトリコリードで終盤へ。
メキシコは7回表に1点、プエルトリコは8回裏に1点をそれぞれ追加し7-5で最終回の攻防。
メキシコは一死1、2塁でガブリエル・グティエレスがセンター前にタイムリーヒットを放ち1点差。
しかしここで1塁ランナーのカリム・ガルシアが三塁を狙ったがタッチアウト。
最後の一人にプエルトリコはジョー・トーレスをマウンドに送る。
トーレスはダグ・クラークをレフトフライに打ち取り何とかゲームセット。
プエルトリコは薄氷を踏む思いで優勝の望みをつないだ。

BOXSCORE (PUR 7 - 6 MEX)

これで勝敗は、
メキシコ:3勝2敗
プエルトリコ:3勝2敗
ドミニカ:2勝3敗
ベネズエラ:2勝3敗

明日優勝が決まるのは第一試合でメキシコが負けて第二試合でプエルトリコが勝った場合と、
その逆のメキシコが勝ってプエルトリコが負けた場合。
ただし、メキシコが負けプエルトリコも負けると全チーム3勝3敗となる可能性が出てきた。
その場合は得点率の高い2チームが優勝決定戦をあさってに行う。

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気