FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

祝プエルトリコ・ウィンターリーグ開幕

 
なんだかんだで2011-2012のシーズンが開幕した。
開幕カードは、カグアス対カロリーナ、マヤゲス対ポンセの戦い。

カグアス対カロリーナ
まず試合前に現役時代の12番がカグアスの永久欠番になることが発表されたロベルト・アロマーが来場。
アロマーはカグアスから南に車で30分くらいのサリナスの出身だがプロとしてのデビューはカグアス。
今日はこれまた将来殿堂入り間違いなしのイバン・ロドリゲスを相手に始球式を行った。
Criollos de Caguas retiran el número 12 de Roberto Alomar(クリオージョス・デ・カグアスがロベルト・アロマーの12番を永久欠番に)

試合はビジターのカロリーナが先行する流れ。
カグアスの先発ユニエスキー・マヤが2回途中で右肩を痛め降板するアクシデントもあり、
カグアスは4点を追いかける苦しい立ち上がり。
しかしカグアスは小刻みに点を返し9回2死から2点差を同点に追いついたものの、
カロリーナのウィルベルト・オルティスが10回表に決勝タイムリーで勝負あり。
カロリーナが開幕戦を制した。

日本人選手は、カグアスで柳田がDHで出場、カロリーナは笠原がリリーフで登板。
柳田は4打数3三振、笠原は0.1回1被安打2四球1自責点と、両選手にはほろ苦いデビューとなった。

BOX SCORE(CAG 6-7 CAR)

マヤゲス対ポンセ
こちらもビジターのポンセが先行する展開。
マヤゲスは10安打を打つも打線がつながらず完敗。
しかしマヤゲスのコビー・クレメンスはタイムリーヒットを放ち上々のスタート。

BOX SCORE(MAY 1-4 PON)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気