FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

4日目総括

 
第一試合(ドミニカ8-3プエルトリコ)
共に連敗中の両チーム。なんとか1勝して調子を上げたいところ。プエルトリコの先発はエース、アルバラデホ。ドミニカはリントン。プエルトリコにとってはアルバラデホがドミニカ打線をおさえ、効率的に点を取っていきたかったが無残にも夢と終わった。1、2回は無難に3人で打ちとったものの3回から小刻みに点を取られ7回途中まで6点を取られジ・エンド。今のプエルトリコにはここから反撃する力はなかった。ドミニカ打線はファーカルにもホームランが出た。もともと打線のチームだけに得点さえ取れれば簡単に負けることはない。プエルトリコはこのシリーズ投手陣がやや崩壊気味で、打つほうもシントロン以外は元気がない。気をいれかえてとりあえず1勝を目指してほしい。

第二試合(ベネズエラ5-4メキシコ)
実質の優勝への天王山対決。ここでベネズエラが負けてメキシコが4戦全勝となるとシリーズの行方がほぼ決まってしまうだけに何とかしたいところ。ベネズエラはデトロイトのAAのリカルド・パルマを先発させた。中盤まで点を取り合って3-2とメキシコリードで迎えた7回のベネズエラの攻撃。ベネズエラチームの4番、西武のカブレラが特大の3点逆転ホームラン。一気に流れをベネズエラに引き寄せ逃げ切った。前日まで11打数1安打と不振だったカブレラだが、この日は3安打3打点の大活躍。本人も「あの(7回の)打席は1000%の集中力で打席に立ったよ。」とかなりの気合が入っていたことを認め、「メキシコに勝ったこの勝利は大きいね。」とシリーズの優勝をにらんだコメントをした。メキシコは今シリーズで逆転されたことはなかったが、この試合で初めての逆転、そして敗戦となった。明日からいかに気分を入れ替えるかがポイントとなりそうだ。

各チームあと2試合を残すのみとなったが、メキシコ、ベネズエラはドミニカにいかに勝つかが優勝の鍵となり、ドミニカは一つも負けられない状況になった。

Comment

かなり興味深い内容なものでリンク張らしていただいても良いですか?

2005.02.06 | ベイライオン[URL] | Edit

リンク

管理者です。
リンクいいですよ。カリビアンシリーズ自体はあと数日で終わってしまいますが、その後はメジャー&日本のプエルトリコ人選手の情報を載せていく予定です。

2005.02.06 | coquito[URL] | Edit

リンク完了しました

有難うございます

2005.02.08 | ベイライオン[URL] | Edit

          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気