FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カロリーナ対カグアスのダブルヘッダーは1勝1敗、ポンセはサヨナラ勝ち

 
カロリーナ対カグアス 第1試合
残り試合も少なくなってきてそろそろ各チーム1試合が大切になってきた。
カグアスも首位の座を守るためには下位のチームからの取りこぼしは避けたいところ。
しかし第一試合は初回カグアスの先発ジョエイ・ニュービィがつかまり早々と3点を献上。
3回にもタイムリー三塁打で序盤で5点を奪われる。
この後打撃も振るわず7回で試合終了。
1-7とカグアスは大事な試合で完敗することとなった。

BOX SCORE(CAR 7-1 CAG)

カロリーナ対カグアス 第2試合
第1試合に負けたカグアスは何としても連敗は避けたいところ。
第2試合はカグアス打撃陣が好調で、3回までに5点を奪いリードを奪う。
しかしカロリーナも4回裏に4点を奪い1点差まで追い上げる。
そのすぐ後の5回表カグアスは2点を取って突き放すと6回には一挙9点を奪い試合を決めた。
カグアスは1勝1敗でダブルヘッダーを終え、2位のポンセとは2.5ゲーム差を保った。

BOX SCORE(CAR 6-16 CAG)

ポンセ対マヤゲス
熾烈な2位争いの両チームにふさわしい試合になった。
ポンセ先発のアルバラードは初回に1点をもらうと4回まで無失点の素晴らしいピッチング。
しかし5回、ランナーを2人出したところで球審とストライク判定について抗議、
なんとその結果、退場を宣告されてしまう最悪の事態に。
このイニングに3点を奪われリードを許し追い上げる展開となったポンセ。
しかしポンセは8回にジョン・ロドリゲスのHRで1点差に追いつくと、
9回にはフェリックス・ペレスのタイムリーで土壇場で同点に追いつき延長へ。
10回表にマヤゲスが2点を奪い勝ち越すもその裏ポンセも2点を奪い再度同点。
終盤のめまぐるしい攻防は11回、ポンセのホルヘ・ヒメネスがサヨナラタイムリーを放ち試合終了。
昨年同様、終盤に強いポンセが戻ってきた。

BOX SCORE(PON 6-5 MAY)


Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気