FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

ファイナル第3戦はマヤゲスが完封勝ちで2勝1敗とリード

 
カグアス対マヤゲス
ファイナル2戦を1勝1敗とイーブンで過ごした両チーム。
今日からは一戦一戦が重みをもってくるだけに、不用意なプレーは許されない。
さてカグアスのホームで始まった第3戦は波乱含みの展開。
まず1回表、カグアス先発のルイス・クルスは立上りに制球がまとまらず、
3連続四球でいきなり無死満塁のピンチを招く。
たまらずピッチャーをフェリックス・ロメロに交代。
ここでロメロは4番ランディ・ルイスをサードゴロに仕留め何とこれがトリプルプレイ。
カグアスは大ピンチを一瞬にして切り抜けることに成功する。
そしてその裏カグアスの攻撃、3アウト目のパディージャの三振のジャッジを巡って、
球審と監督のリノ・リベラが言い合いになりリベラ監督は退場を宣告されてしまう。
つらい展開になったカグアスとは対照的にマヤゲスは4回に1死2、3塁のチャンスから、
ジェフ・ドミンゲスが犠牲フライでまず1点。
更に2アウトからヘスス・フェリシアーノのタイムリーでこの回2点を奪うことに成功。
その後は両チーム投手陣が踏ん張り、唯一得点圏にランナーが進んだ8回裏のカグアスも、
ピッチャーゴロで2塁ランナーが飛び出し3塁アウト。
結局第3戦はマヤゲスが2-0で勝利し、ファイナルの成績を2勝1敗とした。

BOX SCORE(CAG 0-2 MAY)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気