FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

プエルトリコ・ウィンターリーグ 開幕前情報

 
毎年のようになかなか情報が出てこないプエルトリコのウィンターリーグ。
しかしワールドシリーズが終わり、開幕が近くなってきたためか、
徐々に新聞にも参加選手の情報が出始めてきた。
ちょっとばかし、まとめよう。

Criollos de Caguas(クリオージョス・デ・カグアス)
GMに元メジャーリーガーのアレックス・コーラ、監督はメッツのAAのペドロ・ロペス。
今年はソフトバンクの選手の参加は無し。
なんでも、ソフトバンク側から先発2人リリーフ2人野手1人の参加を申し込まれるも、
カグアスは先発2人だけでいいとのことで交渉決裂したようだ。
選手は去年と大きく変わらず。
2010年ドラフト1巡目39番でBOSに指名されたAnthony Ranaudoが参加する。
日本関連は元ソフトバンク育成のエドガルド・バエス。

Gigantes de Carolina(ヒガンテス・デ・カロリーナ)
GM、監督が元フロリダ・マーリンズ監督で次のWBCプエルトリコ代表監督のEdwin Rodriguez。
ここの注目選手は今年の全米ドラフト1位のCarlos Correa(カルロス・コレア)。
スター選手が地元でどんなプレーをするのかが楽しみ。
メジャーでは、マネーボールにも出てきた、Scot Kazmirが参加予定。
Micah Owings(投手?打者?)やJ.C.Romeroも名前に挙がっている。
日本関連はペドロ・バルデスとイラム・ボカチカ。

Leones de Ponce(レオネス・デ・ポンセ)
ここはまだイマイチ情報が少ない。
日本関連だとジオことジャンカルロ・アルバラードが開幕戦で投げる模様。

Indios de Mayaguez(インディオス・デ・マヤゲス)
昨年の優勝チームだけに大幅な変更なし。
日本関連は、ジョナサン・アルバラデホとランディ・ルイス(ルイーズ)。

Cangrejeros de Santurce(カングレヘロス・デ・サントゥルセ)
久しぶりに返り咲いた名門チーム。
GM兼監督は元メジャーリーガー、ESPNの解説でもおなじみのカルロス・バエルガ。
選手も元メジャーリーガーのフェリペ・ロペス、ルイス。マトス、ホセ・モラレスなど、
名門チームらしく戦える戦力は揃っている。
日本関連は、巨人から笠原、田原(現地ではまだ情報なし?)。
あと、コーチに元オリックスのカルメロ・マルチネスがいる。

Atenienses de Manati(アテニエンセズ・デ・マナティ)
ここも久しぶりの参加だが、サントゥルセと比べると地方都市の小さいチーム。
しかしルベン・ゴタイ、イバン・デ・ヘスス、レネ・リベラと若い選手が多く、
勢いに乗れば意外にやれそうだ。
日本からソフトバンの選手が今年はこのチームに参加。
昨年までの常勝カグアスと違うだけに選手も最初は戸惑うかもしれないね。


今年は新聞記事を追うより、各チームのFacebookを追う方が情報は早そうな予感。
開幕は11月8日。

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気