FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

二保投手3回持たずKO プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
開幕して2日目、今日も日本人投手が先発した。

マナティ対マヤゲス
昨日の笠原に続いて今日はマナティで二保が先発。
しかしカリブでの初登板は苦い結果となった。
先頭バッターを打ち取ったものの昨日HRを打った2番のアドニス・ガルシアに死球。
これで動揺したのかどうか知らないが次の打者に四球を与えると、
次のケニー・バルガスに3ランHRを打たれ早くも3点を献上。
しかしこれに終わらず、四球、エラー、2塁打2本などで更に3点を奪われ初回で6失点という厳しい洗礼。
2回にも1点、3回にヒットと2四球で満塁としたところで交代の散々な内容。
2.2回を6安打3四球2死球7自責点と散々なデビュー戦となった。
試合も昨日に続きマヤゲスは連勝、マナティが連敗。
マナティはランナーを出すことができるのだがあと1本が出ないのが辛いところ。
BOX SCORE(MAN 2-11 MAY)

ポンセ対カグアス
カグアスは独立リーグでプレーしているケルビン・ビジャが先発。
初回に1点を許すも5回を3安打8奪三振の好投。
打撃陣も4回にアンディ・ゴンザレスの3ランなどで一挙6点を奪い逆転してポンセ相手に快勝。
ポンセは4安打とカグアス投手陣に完全に抑えられた。
これでカグアスは連勝、ポンセは連敗。
BOX SCORE (PON 1-7 CAG)

サントゥルセ対カロリーナ
死亡後ちょうど40年となる今年に冠がついたロベルト・クレメンテ。
同じく冠が付いている球場を地元とするカロリーナの開幕戦で、クレメンテの家族が始球式を行った。
カロリーナの地元開幕戦の先発はホワイトソックス期待のプロスペクト、エクトル・サンチアゴ。
サンチアゴはMLBシーズン最終戦で7回1安打10三振という好投を見せており、
来シーズンはローテーション入りが予想される期待の左腕だ。
ニュージャージー生まれだが両親がプエルトリコ人のこの若手プロスペクトが地元開幕戦で好投。
6回を6安打6奪三振1自責点と上々の内容。
チームが7回に勝ち越したため勝利投手にはならなかったが今後が楽しみな内容だった。
スーパールーキーのカルロス・コレアにも初ヒットが出た。
BOX SCORE(SAN 1-6 CAR)


二保投手は初回打たれたけどそれほど悲観する内容でもないでしょう。
実は岩嵜も2年前KOされた試合があり、その後持ち直して最多勝を獲得している。
岩嵜投手、3回9安打8失点で初の敗戦
今後に期待。

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気