FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

田原投手、6回3安打の好投 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
サントゥルセ対ポンセ
日本から参加している4投手のうちまだ登板がなかった田原投手がサントゥルセの先発。
サイドスローに慣れていない地元リーグではその効果に期待が持てる。
その田原は3回まで一人のランナーも許さない完ぺきなピッチング。
4回は2安打と盗塁で無死2、3塁のピンチを作るもその後を犠牲フライの1点に抑える。
田原は追加点を許さず6回を3安打0四球1死球1自責点という内容で降板。
初登板としては上々のデビューとなった。
なお試合は8回裏にイバン・マルドナードがポンセのアンヘル・モラレスにHRを打たれこれが決勝点。
サントゥルセは開幕戦に勝利後、3連敗となった。
BOX SCORE(SAN 1-2 PON)


カグアス対カロリーナ
これまで首位タイと好調なカグアスはカロリーナと対戦。
この日はカグアス打線が爆発。
中盤から試合を完全に支配し13安打3HR13点の猛攻で完勝。
これでカグアスは4勝1敗で単独首位となった。
BOX SCORE(CAG 13-4 CAR)


余談
11月11日のブログでサントゥルセの球場問題について書いた。
そして今日の記事でその追加情報。
結論から書くとサントゥルセがイラム・ビソーンで今シーズン試合を行うのは難しいだろうとのこと。
前市長が来年3月に行われるWBC開催に関して交わした契約内容を遂行するには、
球場の改修費として約200万ドルが必要となる。
現状の球場のコンディションと大会までの期間を考慮すると、
サンファンに球場を貸し出せる余裕はないだろうというのがクルス新市長の意見。
(新市長がいろいろ調査した結果、やっぱ無理だなと判断したのだろう。)
さて、サントゥルセはフンコスでホームゲームを10試合行うが、
これで残りの10試合の行先(本拠地)が未定のままシーズンが進むこととなった。
というか、当てが外れた格好となった。
Los Cangrejeros no regresarán a su "cueva" durante la temporada regular

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気