FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

5試合を一気に消化 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
本日は雨で中止の代替試合を行うため2カードがダブルヘッダー(ただし7回)

サントゥルセ対マヤゲス
先日の勝利に続いてさくっと2勝目も挙げたいサントゥルセ笠原。
しかし今日の笠原は立ち上がりこそ無難に抑えるものの、
3回には今シーズンオフにエンゼルスと契約したアンヘル・サンチェスに先制のソロHRを許す。
続く4回にもヤンキースのマイナー所属ルーク・マートンに2ランを打たれるなど3失点。
4回4失点2HRと一発に泣き今シーズン初の敗戦を喫することとなった。
サントゥルセは元気なく完封負け。
BOX SCORE(SAN 0-7 MAY)

マヤゲス対サントゥルセ
そしてホーム、ビジターを入れ替えての2試合目。
この試合もマヤゲスの打線が勝負を決めた。
ブリュワーズのマイナー所属、マーチン・マルドナードが7回に3ランHR。
サントゥルセは7回を7安打1点のみと打線に元気がなく連敗。
せっかくの五分の星だったが一日で借金2となった。
BOX SCORE(MAY 5-1 SAN)

マナティ対ポンセ
現在6連敗中のポンセは地元で何とか連敗を止めたいところ。
初回ポンセは四球とヒット4本で一気に3点を先制する。
しかしポンセの先発アルバラードは5回2四球を与えたところで降板。
後続が打たれ試合は3-3の同点となる。
試合は最終回、元横浜のハミルトンが犠牲フライを打たれ勝ち越しを許す。
7回裏にチャンスを作るもゲームセット。
これで泥沼の7連敗となった。
BOX SCORE(MAN 4-3 PON)

ポンセ対マナティ
元気のないポンセ相手にシーズン初勝利を挙げたいマナティの嘉弥真。
しかし、この試合もポンセ打線は初回に4安打で3点を奪う。
嘉弥真は2アウトを取りながらタイムリー2本を打たれる悔しい展開。
その後は嘉弥真とポンセ先発のトーマス・サンチアゴの投げ合いでゼロが並ぶ。
結局7貝に1点を追加したポンセが8連敗を阻止する勝利。
嘉弥真は6回を7安打3失点8奪三振とまずまずの内容ながら2敗目を喫することとなった。
BOX SCORE(PON 4-3 MAN)


カロリーナ対カグアス
首位カグアスはこの日も勝負強いところを見せつけた。
初回カロリーナ先発のスコット・カズミアの乱調につけ込んで3点を奪うと、
4回7回に追加点を奪いカロリーナに逆転を許さない。
結局安打数が相手10本に対しカグアス6本ながら5-4で勝利。
単独首位の座を守った。
BOX SCORE(CAR 5-4 CAG)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気