FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

混戦模様のプレーオフ プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
カグアス対サントゥルセ
カグアスの先発はハビエル・バスケス。
バスケスはこの試合も元メジャーの貫録を見せつける。
6回を投げてセルジオ・ミランダのソロHR1点だけに抑える好投。
しかし打線が今日は振るわずサントゥルセ投手陣から5安打しか打てず1-2での惜敗。
またもロースコアでの敗戦となり3位サントゥルセとのゲーム差は1となった。
開幕から3連勝で楽にプレーオフ突破かと思われたカグアスだが楽観的にはなれない状況だ。
BOX SCORE(CAG 1-2 SAN)


マヤゲス対カロリーナ
こちらも安泰とは言えないマヤゲス。
しかし今日は打線が爆発。
ミネソタ・ツインズのプロスペクト、エディ・ロサリオの3ランや、
ミルウォーキー・ブリュワーズのマルティン・マルドナードのソロHRなどで一挙17安打10点。
当たりの出ていなかったプイグも3安打と活躍しカロリーナに完勝。
プレーオフで単独首位に躍り出た。
BOX SCORE(MAY 10-4 CAR)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気