FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

日本人投手が2勝、一岡、東浜共に勝利

 
カロリーナ対ポンセ(第1試合)
昨日の江柄子に続き今日先発の一岡の相手はこれまで3勝0敗とまだ負けがないカロリーナ。
ポンセ打線は2回、カロリーナ先発のダン・セベッテに4安打2四球を浴びせ3点を先取する。
先発一岡は序盤3回までカロリーナ打線を一人のランナーも出さず完ぺきに抑える。
2巡目となる4回に1安打、5回に1安打を許すも失点には至らず上々の結果を残し降板。
結局カロリーナは2番手のピート・パライスも打てず2安打完封負け。
今シーズン初の敗戦となった。
一岡は5回を2安打1死球3三振と好投しプエルトリコ初登板を勝利で飾った。
一方カロリーナの1番がすっかり板についてきた感のある福田は3打数0安打だった。
BOX SCORE (CAR 0-3 PON)


カロリーナ対ポンセ(第2試合)
ダブルヘッダーとなる第2試合はカロリーナは東浜が先発。
初登板の勝利に続き連勝と行きたいところ。
しかし東浜は初回、2本のヒットでピンチを作るものの何とか抑えたものの、
2回にはドジャースのマイナーリーガー、ジャン・バスケスに2ランHRを打たれ先制を許す。
一方カロリーナは4回、乱調のポンセ投手陣から6四球を選ぶなどして一挙7点で逆転。
その後は立ち直った東浜は6回途中で降板。
引き継いだ星野が前回に続き今日もノーヒットに抑えカロリーナの逆転勝利。
東浜は6.1回を8安打打たれたものの要所を締めて2勝目を挙げた。
星野は1.2回を0安打2三振。
福田は4打数1安打1得点だった。
BOX SCORE (CAR 7-3 PON)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気