FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

中原4打点、土田、星野は5セーブ目、

 
ポンセ対カロリーナ
先発の飯田は恐らくプエルトリコで最後の登板。
しかし3回にジェラルド・バレンティンに3塁打を打たれ2点を奪われる。
続く4回にもジョナサン・モタに2ラン本塁打を打たれ逆転を許す。
5回に2アウトから四球とヒットでピンチを作ると降板。
最後の登板はKOという形となった。
試合は6回にカロリーナが勝ち越して1点リードで9回へ。
カロリーナはリリーフのテスカが1アウトから2四球を出したところで星野がマウンドへ。
星野は残る2人を難なく抑え5セーブ目を挙げた。
BOX SCORE (PON 4-5 CAR)

ポンセ対マヤゲス(12月17日)
ポンセが終盤リードした展開で最後のマウンドは土田に。
8回1死満塁のピンチでの登板で犠牲フライで1点を取られるものの9回は三者凡退でゲームセット。
この日も非常に安定感あるピッチングで土田は5セーブ目を挙げた。
BOX SCORE (PON 2-1 MAY)

カグアス対カロリーナ(12月17日)
この日はカロリーナ打線が爆発。
カグアス投手陣に19安打を浴びせ大勝、中原も2安打4打点と活躍した。
ピッチャーでは楽天を自由契約になった橋本義隆が初登板、1.1回を1安打(HR)1失点だった。
BOX SCORE (CAG 6-16 CAR)



Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気