FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

2013年の日本人選手の総括 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
レギュラー・シーズンが終わったとうことで今年の日本人選手の成績を振り返ってみたい。
昨年同様、2013年もソフトバンクと巨人からの参加となった。
巨人からは投手3人、ソフトバンクからは投手4人と野手1人。
また日本の球団を自由契約となった中原と橋本の2人の総計10人
カロリーナは毎年のように日本の選手を受け入れてくれており、
GMのエドウィン・ロドリゲスやホセ・ロサード投手コーチもすっかり日本人の扱いに慣れているようだ。
ピッチャーに関しては例年同様にNPBの1軍半の選手でも一定の成果は残せた。
怪我するまでの一岡や飯田、東浜は先発として十分な成績を残せた。
ただし、味方の援護に恵まれず勝ち星が付かない試合が多かった。
リリーフでは星野がシーズン序盤に好投を見せたかと思うと、
シーズン終盤には途中参加の土田が完全にポンセの守護神として活躍した。
(個人的には広島がプエルトリコで好投した一岡をFAの補償で取ったように、
西武は土田を取るべきだと強く主張したいくらいのパフォーマンスだった。)
飯田、東浜は防御率こそ3点台に終わったがWHIPが飯田がリーグ2位、東浜が5位だった。
両者ともK/BBが4を超えており慣れないボールの環境で四球が少なかったところは評価できる。
打者は福田がシーズン最初から1番センターで出場し開幕試合で先頭打者HRを放ったものの、
途中からは長打、出塁に苦しみやや不満なシーズンとなった。

今シーズン参加した日本人選手の成績

Leones de Ponce
一岡竜司投手
2勝0敗 16回1/3 防御率1.62 自責点3 被安打13 四球1 三振3 被打率.133
STATS

江柄子裕樹投手
1勝3敗 30回1/3 防御率3.56 自責点12 被安打28 四球10 三振25 被打率.243
STATS

土田瑞起投手
0勝0敗5SV 12回 防御率0.75 自責点1 被安打5 四球2 三振13 被打率.132
STATS

Gigantes de Carolina
東浜巨投手
4勝1敗 40回 防御率3.15 自責点14 被安打34 四球10 三振42 被打率.225
STATS

飯田優也投手
2勝1敗 40回 防御率3.13 自責点16 被安打35 四球8 三振35 被打率.215
STATS

ちなみにこの2人の成績と2010年の岩嵜の数字を比べると勝敗と被打率以外は似ていることが分かる。
参考
岩嵜翔
8勝1敗 53回2/3 防御率3.19 自責点19 被安打57 9四球 40三振 被打率.273

星野大地
0勝1敗 22回1/3 防御率2.82 自責点7 被安打18 四球2 三振17 被打率.220
STATS

山田大樹投手
0勝1敗 2回2/3 防御率10.12 自責点3 被安打3 四球2 三振2 被打率.273
STATS

福田秀平外野手
84打数20安打 打率.238 本塁打1 打点7 盗塁3 四球10 三振16 OPS.672
STATS

自由契約組
中原恵司外野手
28打数4安打 打率.143 本塁打0 打点4 盗塁0 四球2 三振9 OPS.379
STATS

橋本義隆投手
0勝1敗 7回2/3 防御率4.70 自責点4 被安打13 四球2 三振7 被打率.361
STATS

今回、日本の球団から自由契約になった2名が途中参加した。
彼らは恐らくクビにならない限りプレーオフもカロリーナのベンチに入るだろう。
ここをちょっと説明したい。
NPBの選手の場合は選手会との協定で2月のキャンプインの前1か月は球団の活動をしてはいけないという規定がある。
NPBの選手が1月に個人キャンプをするときに球団の帽子やトレーニング服を着ないのはその理由。
岩嵜のときも何とかポストシーズンで投げられないか交渉したようだが、選手会の決定は「NO」だった。
このHPの左コラムのページ内検索で「選手会」で過去の記事を検索すると出てくるが代表的なのがこの記事
サヨナラ、クリオージョス!

で、本題。
今回の中原と橋本は自由契約になったためこの規約に従う必要はない。
このように自分のスキルアップのためにカリブで野球したいと思っても、日本の選手会に所属すると制約を受けてしまう。
画一的に規則で縛ってしまうのは何とも典型的な日本の組織という感じで、ポスティング制度とかいう前にこういうところも見直してほしいと強く思う。
今回の2人の参加のニュースを聞いて、今後もしかするとカリブで修業したいがために自主的に契約更新せずに自由契約扱いにする選手が出てくるのではないかという気がしている。

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気