FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

ルイス・ロペス決勝打

 
今年新しく日本に来た楽天のルイス・ロペス選手が2日のフルキャストスタジアムでの試合で松坂から決勝のタイムリーヒットを放った。ロペスは楽天の主砲と期待されており、実際メジャーでの経験は少ないがプエルトリコのウィンターリーグではリーグでも有数の勝負強いバッターだ。チャンスを求めて日本に来たので怪我さえなければやってくれると思う。

ちなみに私のHPの掲示板に記載した契約時の地元紙のインタビューを再掲します。

No.21 ルイス・ロペスの話題
投稿者/ coquito mail  [返信]
投稿日/ 2004年12月22日(水)20:58:01

昨日、日本で報じられたルイス・ロペスの楽天入り。本日地元紙でもそれが報じられた。かいつまんで訳します。これを読むと楽天でがむしゃらに頑張ってくれそうな予感がする。

1ヶ月と少し前、ポンセ・ライオンズのルイス・ロペスが来年アトランタ・ブレーブスと契約したことが報じられた。しかしロペスに関する最近入ったニュースはもう少し遠いところにあった。いや実際はめちゃくちゃ遠かった。それは日本にあった。
日本の新球団がアトランタと契約しているこの頑丈なプエルトリコ人選手の権利を買い、翌シーズンそこでプレーすることに対して補償することのオファーを提示した。
しかしロペスはそれをがっかりするどころか家族を養っていくいい機会だと好意的に受け止め、この契約いつかメジャーに戻るために必要な経験の場だと理解した。
「今までアメリカでプレーしてきたけども、ビッグなチャンスは得られなかった。もう31歳だし家族を養っていくためにもお金が必要なんだ。」
ロペスは”日いづる国”日本からのオファーを受ける決断をした理由をこう語った。
ロペスは最初にトロント・ブルージェイズでメジャーデビューをしたがメジャーにいられたのは非常に短い期間だった。その後オークランド・アスレチックスでも芽が出ず、昨シーズンは久しぶりにメジャー(エクスポズ)でプレーしたもののそれもほんの数週間のことだった。
もし(来シーズン)アトランタにいるとすると、ポジションを勝ち取らないといけないだろう。
「チームのために働くことをいろいろ経験してきたが、チームはなかなか私にいい機会を与えてくれなかった。(日本でも)同じ事ができるだろうけど、日本に行くことの自信が無かった。もし給料が保障されるのならば日本に行きたいと(代理人に)言ったんだ。」
とロペスは自身の心境をまとめ、
「いいチャンスだと思っている。」
と付け加え、同じプエルトリコ人の(元ダイエーの)ペドロ・バルデスも同じチームと契約寸前であることを明かした。
ロペスの不安は日本のリーグ自体ではないところのようだ。
「唯一気になることはちょっと遠いってことだね。近くに家族や友達がいなくなってしまう。でもあっち(日本)には嫁を連れて行こうと思っている。」
と強調し、新しい契約が成立したけれども今戦っているポンセ・ライオンズでは今シーズン最後までいるつもりだと述べた。
http://www.primerahora.com/noticia.asp?guid=BF0A2B4E8ED646859F22B312BB1C65E5

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/04/03/images/KFullNormal20050403035_l.jpg

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気