FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

塚田、規定打席到達で打率2位にランクイン プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
カロリーナ対カグアス
9連勝と好調のカグアスに対しカロリーナはアルバラードが先発。
この日は打線が援護、まず初回にアンソニー・ガルシアが2ランHRを放ち2点を先制。
3回には打者一巡の猛攻で9点を奪い好調カグアスに対し優位に試合を進め、
アルバラードが5回を4安打1失点と好投し3勝目を挙げた。
日本人選手は、塚田が5番レフトで先発、4打数1安打とこの日もヒットを放ち勝利に貢献した。
一方の釜元は6回の守備から途中出場し、外野フライと内野ゴロの2打数0安打だった。
カロリーナは13-4と大勝しカグアスの9連勝をストップさせた。
BOX SCORE (CAR 13-4 CAG)

この試合で塚田は規定打席に到達。
プエルトリコでは規定打席が通常の試合数×3.1より少ないため(具体的数字は失念)、
シーズン参加が遅れたにもかかわらず達成することができた。
現時点でリーグトップの出塁率を始め打率2位、OPSが3位と軒並みトップレベルでのランクインとなった。
12月11日現在の成績は以下の通り。
64打数23安打7打点0本塁打 打率.359 出塁率.438 OPS.954

トピックス
もう1試合のマヤゲス対サントゥルセ戦でサントゥルセから現役メジャーのプロスペクト、ハビエル・バエスがデビューした。
バエスは今年MLBでデビューした期待の若手で、豪快なスイングから繰り出されるHRと三線が魅力。
この日も3打数3三振とバエスらしさを発揮してのデビューとなった。
Gana Santurce en el debut de Javier Báez

12月も半ばにさしかかりレギュラーシーズンもあと少し。
今年はカグアスがチーム打率2位、チーム防御率3位と特出した成績ではないものの、
チーム力を生かし現在のところ2位に3ゲームのリードを保っている。

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気