FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

レギュラーシーズン終了 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
2014-2015 レギュラーシーズンが終了

さて、今年もプエルトリコ・ウィンターリーグのレギュラーシーズンが無事終了した。
今年はカグアスが投手、打撃共に特筆する選手はいなかったものの、
総合力を生かして2位に2.5ゲームをつけて優勝した。
今年から監督になったアレックス・コラは監督1年目での初優勝となった。
2位はマヤゲスが入り、昨年と同じ1位2位の順位となった。


# Criollos de Caguas    25    14 .641
@ Indios de Mayaguez   22    16 .579 2.5
@ Cangrejeros de Santurce 19   19 .500 5.5
@ Gigantes de Carolina   19    20 .487 6.0
Senadores de San Juan  12    28 .300 13.5

個人成績は、以下の通り。

打撃
首位打者:オジー・マルティネス(Ozzie Martinez)     .358
本塁打王:アンソニー・ガルシア(Anthony Garcia)     10本
打点王:アンソニー・ガルシア(Anthony Garcia)      34点
盗塁王:ジョン・アンドレオリ(John Andreoli)         9個
     :デライノ・デシールズJr(Delino DeShields)     0個

投手
最多勝:ルイス・アティラーノ(Luis Atilano)          7勝
最多奪三振:アダルベルト・フローレス(Adalberto Flores) 46個
最優秀防御率:イバン・マルドナード(Ivan Maldonad)   0.39
最多セーブ:サウル・リベラ(Saul Rivera)          15個

なお、初の日本人による首位打者が期待された塚田は規定打席不足の為、タイトル獲得ならず。
プエルトリコの場合、試合数(40)×2.7が規定打席(108打席)として必要であり、
塚田の場合は88打数、32安打、8四球、3死球で99打席を記録しており、
不足分の9打席を無安打と仮定した場合.330となり1位から落ちることになる。
結果的には3安打不足していたのでタイトルは取れなかったが、十分に実力を見せつけたと言えるでしょう。
Sin definir el líder ofensivo

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気