RSS   |   Archives   |   Log in
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カリビアンシリーズ初日 第2試合 ベネズエラ対プエルトリコ

 
第1日 第2試合 ベネズエラ 5-2 プエルトリコ
地元プエルトリコが登場ということで試合前には盛大なセレモニーが行われ緒戦をものにしたいプエルトリコ。
試合はイバン・ロドリゲスの始球式で始まった。
ベネズエラの先発はダリル・トンプソン、プエルトリコはジョバンニ・ソト。
先制したのはベネズエラ。
3回表、先頭打者が四球で歩くと、続くホセ・ジルがヒットでチャンスを創出。
犠打で2、3塁とチャンスを広げ、続くエイリー・アドリアンサがタイムリーヒットを放ちまず1点を先制。
続く、パドレスのアレクシ・アマリスタが3塁打を放ち2点を追加、この回3点を奪う。
その裏プエルトリコは、ホルヘ・パディージャのタイムリーで1点をすぐさま返す。
しかしベネズエラも続く4回、またも先頭のオスカー・サラザールが死球で出塁。
ダブルプレーでチャンスを逸したかに思えたが、2死から四球とヒットで1、2塁とする。
ここでニウマン・ロメロに2塁打が飛出し2点を追加、5-1と中盤で4点のリードを築く。
プエルトリコは何とか追いつきたいがベネズエラ投手陣からチャンスを作れない。
迎えた9回裏、レネ・リベラがタイムリーヒットを放ち1点を返し追い上げるがここまで。
最後はルベン・ゴタイが三振に倒れゲームセット。
ベネズエラが地元プエルトリコに5-2で勝利し初戦を勝ち取った。
ベネズエラのロペス監督は「自分たちの野球ができたことが勝因。選手たちは落ち着いていた。」と分析。
一方のプエルトリコのペレス監督は「先頭打者を四球で出したのが痛かった。相手の作戦にも乗ってしまった。」と緒戦の敗戦に苦しい表情だった。
BOX SCORE (VEN 5-2 PUR)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気