FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カリビアンシリーズ第5日 第2試合 ドミニカ対プエルトリコ

 
第5日 第2試合 ドミニカ 2-3 プエルトリコ
前日のドミニカの勝利で準決勝進出の目は無くなったプエルトリコ。
しかし地元開催で全敗の屈辱だけはどうしても避けたいところ。
ライバル同士の対戦ということもあり、イラム・ビソーンスタジアムは過去最多の18,747人を集めた。
3回裏、エンリケ・エルナンデスのタイムリーでまずプエルトリコが先制、1-0とリードを奪う。
ドミニカは5回、フィリーズのプロスペクト選手マイケル・フランコのソロHRで同点に追いつく。
しかしプエルトリコはすぐさま反撃、レイモンド・フエンテスのタイムリーで勝ち越しに成功。
試合は2-1で9回へ。
何としても逃げ切りたいプエルトリコはクローザーのフェルナンド・カブレラがマウンドに。
2者連続で三振に切って取りあと一人で初勝利が見えたところでヘリアン・エレーラが2塁打で出塁。
続くマイケル・フランコの当たりはセンターの前に小飛球。
プエルトリコのセンター、レイモンド・フエンテスがダイブしてキャッチを試みるもボールは無情にも転がり落ち土壇場で同点となる。
その裏プエルトリコは、1死からアントニオ・ヒメネスがドミニカのクローザー、トニー・ペーニャから四球で歩く。
ここで、ツインズのマイナー選手ダニエル・オルティスが左中間を破る値千金のタイムリー2塁打。
最後の最後でようやく勝負を決めることができたプエルトリコは今大会ようやく初勝利を挙げた。
BOX SCORE (DOM 2-3 PUR)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気