RSS   |   Archives   |   Log in
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

カリビアンシリーズ第7日 決勝 キューバ対メキシコ

 
第7日 決勝 キューバ 3-2 メキシコ
メキシコが3連覇を達成するか、あるいはキューバが55年ぶりに優勝するか。
カリブの野球の頂点に達することができるのはどちらのチームか非常に興味深い試合となった。
1回表、いきなりキューバ打線が牙をむいた。
2死からNPB在籍のグリエル、デスパイネの連打でチャンスを掴むと、昨日の試合で大爆発したセペーダが今日もタイムリーヒット。
キューバは1-0と幸先の良いスタートをきる。
更に2回、今度はルイス・ラオがセンターへタイムリーヒットを放ち序盤で2-0とリードを奪う。
今日のキューバ先発ヨスバニ・トーレスはメキシコ打線を翻弄しヒットを許さない。
ようやくメキシコ打線が捉えたのが5回。
先頭のジョエイ・メネッセがエンタイトル2塁打でチーム初安打を放つ。
チャンスでウォルター・イバラがライト前に落とし1点を返す。
そのまま試合は終盤まで進み8回。
キューバは先頭のグリエルがレフトスタンドへHRを放ち追加点を挙げる。
メキシコもその裏、エリック・ファリスがタイムリーを放ち再度1点差に追いつく。
しかしキューバは6回途中から投げた巨人のエクトル・メンドーサが好投。
メキシコに逆転を許さずゲームセットとなった。
キューバは1960年以来55年ぶり8度目のカリビアンシリーズ王者となった。
BOX SCORE (CUB 3-2 MEX)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。