RSS   |   Archives   |   Log in
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

山崎、2勝目を目指すも自らのミスで逆転を許し2敗目 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
サントゥルセ対マヤゲス
前回の登板で初勝利を挙げた山崎。
今日はフロリダのチャンピオン・スタジアムで行われる一戦に登板した。
マヤゲスは1回表、韓国行き?が噂されるケニス・バルガスのHRで1点を先制し山崎を援護する。
それに応えるように山崎も好投を見せ、4回まで3安打を打たれるも0点で凌ぐ。
そして迎えた5回。
先頭のネフタリ・ソト、続くレイモンド・フエンテスに連続ヒットを打たれる。
送りバントで一死2、3塁とされるも三振を奪い二死までこぎつける。
しかし次のホセ・ロサーダの時に自らのワイルドピッチで1点を奪われ同点とされる。
ロサーダを四球で歩かせるもピックオフでランナーを誘い出すことに成功。
しかしピックオフプレーで味方の守備に乱れが出てもう1点を奪われてしまう。
結局、次の打者にヒットを許したところでピッチャー交代、山崎はマウンドを降りる。
後続ピッチャーもタイムリーを打たれマヤゲスは3点を奪われ逆転を許す。
2回以降マヤゲス打線もサントゥルセ投手陣から点を取ることができず1-4で敗戦となった。
山崎は4.2回を6安打3失点0自責点2四球3三振の投球だった。
これまで味方のエラーで点を取られることが多く、敗戦投手となるのはやや不運だが、
防御率は1.06と安定しているので次の登板に期待したい。

BOX SCORE (SAN 4-1 MAY)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。