RSS   |   Archives   |   Log in
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

松坂初登板は4回2失点で敗戦投手 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
地元紙でもウィンターリーグ参加が大きく扱われている松坂大輔。
当地、12月3日のカグアス戦に初先発したものの4回2失点で敗戦投手となった。
松坂の対戦相手はこの日まで4連敗、2試合連続完封負け中のカグアス。
松坂は初回2アウトを取るものの、四球後にジョニー・モレルに2ランHRを打たれる。
その後も3回までで6四球と制球が定まらない。
最終的には4回を投げぬき被安打はHRの1本なものの四球が6とやや荒れた初登板となった。
なお、巨人の岡本は7番3塁で先発出場し、3打数1安打1二塁打だった。
BOX SCORE (CAG 3-1 CAR)

良かった点
チーム合流が3日前、ほとんど準備が出来ていなかった状態で4回を投げきったこと。
被安打が1と少なかったこと。
三振も2個取れたこと。

課題
四球の数が多かったこと。
(高木勇人も初登板は6四球と乱れたことから、プエルトリコ初登板は何か違和感あるのだろう。)

久々の実践の上、プエルトリコの初登板としては上々だったのではないだろうか。
昔の剛速球を復活したいという意図は本人にも無いだろうから、
短い期間になるだろうが当地で日本とは異なるピッチング術を身につけられればと思う。

Frena Caguas su mala racha(カグアスは悪い流れをストップ)

現地紙に初登板をカラー写真で紹介される松坂

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。