RSS   |   Archives   |   Log in
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

地元紙による日本人選手特集 プエルトリコ・ウィンターリーグ

 
少し前の記事になるが、日本人選手が取り上げられていたので紹介する。
毎週木曜日はウィンターリーグの選手にとって休息日となるが、日本から来た3選手は海岸で調整に時間を費やす。
「海岸を走るのは毎年恒例のことでそれにしたがって行っているだけ。」と会田コーチは話す。

プエルトリコの感想を聞かれた平は、
「気候と食べ物が気に入っている。私は日本の沖縄という島の出身で少しプエルトリコに似ており、まるで家にいるような感じだ。」
「こっちの選手は少しだけ動くカッターやシンカーを使うので、こっちで学んで武器にしたい。」
と答えた。
「(カロリーナの)サンチアゴコーチから参加した最初の日に、ひじが下がっているからコントロールが悪いと指摘を受けた。
そこを注意してひじを上げるようにしたらコントロールも良くなった。」
と技術的なアドバイスをもらったことも明かした。

一方岡本はプエルトリコの感想を聞かれ、
「日本とプエルトリコの大きな違いが、プエルトリコでは監督、コーチ、選手が年齢が異なっていても対等の立場にいる。
日本では監督やコーチに大きな尊敬を払わなければいけない。それが一番違う。またこちらの人のほうが野球を楽しんでいる。」
とコメントした。
「日本ではがんばれと声をかけられるが、こっちでは楽しめと声をかけられたことが衝撃だった。これは忘れないだろう。」
「打撃は日本とプエルトリコは大きな違いは無いが、守備のアドバイスをたくさんもらっている。
グローブの使い方や身体を低く保つ方法など、すごく役にたっている。」
と、技術面の習得についても語った。

高木はプエルトリコの感想を聞かれ、
「島はきれいだし人は優しい。一方、野球はアグレッシブで私は好きだ。マウンドから対戦するバッターからも、
ボールに当ててやろう、打ってやろうという意気込みを感じる。こういう激しさをここにいるうちに学びたい。」
と野球スタイルの違いをコメントした。

Japoneses de los Gigantes utilizan las arenas de Isla Verde para pulirse(ジャイアンツの日本人選手はイスラベルデの海岸で自らを磨く)

過去にも日本人選手が参加したときに特集はたびたび組まれていたが、
今回も日本人のプエルトリコリーグの感想を聞いた記事で技術的な内容はそれほど多くは無かった。

ちなみに過去の日本人を扱った記事ではやはり岩嵜、大場の時がセンセーショナルな結果を残したこともあり面白かった。
今読み返しても読み応えがある。
2010年11月のブログ
2010年12月のブログ

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。