FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

WBC プエルトリコ代表 二次ラウンド ドミニカ共和国に3-1で接戦を制す

 
第一ラウンドのプールCを全勝で通過したプエルトリコは、プールDを同じく全勝で勝ち抜いたドミニカ共和国と対戦。
Y.モリーナの打撃、守備の両面にわたる活躍で3-1でドミニカに勝利した。
プエルトリコが元ヤクルトのO.ロマン、ドミニカがC.マルチネスの先発で始まった。
試合は初回からいきなり山場を迎える。
ロマンは強打を誇るドミニカに立ち上がりを攻め立てられ無死満塁のピンチを迎える。
しかし、4番のJ.バウティスタを三振で仕留めると、5番のC.サンタナのライトフライに、
ライトのE.ロサリオが好返球しJ.セグラを本塁で刺殺し得点を与えない。
その裏、プエルトリコも1、2塁のチャンスを作りモリーナが先制のタイムリーを放つ。
しかしロマンは2回にN.クルーズにHRを打たれ同点に追いつかれる。
1-1で迎えた4回、プエルトリコはエラーで出塁したバエスを2塁に置いて、
ロサリオが2塁打を放ち1点を勝ち越す。
6回にはモリーナのソロHRが飛出し3-1とリードを広げる。
守っては8回、モリーナがクルーズの盗塁を強肩で刺しピンチを広げない。
最後はエドウィン・ディアスが締めゲームセット。
宿敵ドミニカに対し激闘の末勝利を獲得した。

球審のコール、ビデオ判定などいろいろあったが非常に良い試合だったのではなかろうか。
これまで数あるプエルトリコ対ドミニカの試合の中でもトップ3に入ると言っても良かろう。
プエルトリコはこれで第一ラウンドから4連勝となり準決勝進出に向け大きく前進した。
しかし、喜んでばかりもいられない状況もある。
この次の試合は中2日空いた3日後のナイターで米国戦。
その翌日にデーゲームのベネズエラ戦が控えている。
米国にもし負けるようなことがあると中一日空いたベネズエラと準決勝進出に向けた戦いが控えている。
一次ラウンドではコールド勝ちしたとはいえ、簡単に2連勝できる相手ではないだけに、
次の米国戦が非常に重要な試合となる。

BOXSCORE(DOM 1-3 PUR)

Puerto Rico se impone a República Dominicana y mantiene su invicto
Puerto Rico vence a República Dominicana en el Clásico
Así celebró la novena boricua la victoria frente a Dominicana

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。