RSS   |   Archives   |   Log in
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

WBC準決勝 プエルトリコ代表 対オランダ戦プレビュー

 
明日の準決勝に備え、オランダとプエルトリコの戦力を分析する。

両チームの6試合の成績
打撃
プエルトリコ 51得点 67安打 9本塁打 打率.330
オランダ   45得点 69安打 9本塁打 打率.324  
第二次ラウンドまでの打撃成績は両チームほぼ同じ。
1試合平均7点以上を挙げる打撃のチームであることが分かる。

投手
プエルトリコ 52回 31被安打 13自責点 18四球 48奪三振 防御率2.25
オランダ   52回 52被安打 17自責点 22四球 33奪三振 防御率2.94
球場、戦ってきた相手を考慮するとややプエルトリコの方が上か。
ただしオランダは準決勝からドジャースのクローザー、ジャンセンが加入。

先発投手は、オランダがバンデンハーク、プエルトリコはホルヘ・ロペス。
打ち合いの様相も想定され、リリーフピッチャーの出来が勝負を分けるだろう。

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気