FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
プロフィール

coquito

  • Author:coquito
  • CARIBE & BASEBALL
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
 

カリビアンシリーズ 第2日目

 
第1試合 キューバ 3-1 メキシコ
Aリーグの2試合目はカリビアンシリーズ初出場同士の対戦。
メキシコは昨日負けているだけに今日負けるとかなり苦しくなる。
試合はキューバが3回、2死2、3塁のチャンスにデスパイネがタイムリーを放ち2点を先制。
一方のメキシコはランナーをためることができずなかなか得点ができない。
キューバは5回、またもデスパイネがタイムリーを放ち3-0とリードを広げる。
キューバ投手陣に抑えられていたメキシコは9回にチャンスを作る。
サステオ、アマダーのヒットでチャンスを作ると、ヘスス・バルデスのタイムリーで1点を返し、なおも1、2塁のチャンス。
ここで元楽天のムリーヨに一発出れば逆転サヨナラの期待がかかったがライトフライに終わりゲームセット。
キューバは今大会初勝利、メキシコは連敗と苦しい状況に追い込まれた。
BOX SCORE (CUB 3-1 MEX)

第2試合 ドミニカ 2-4 パナマ
第2試合は地元パナマが登場する注目の一戦。
試合は意外な結果となった。
まず先制したのはパナマ。
2回、サンディエゴ・パドレスで昨年メジャーデビューした22歳のハビエル・ゲラのソロHRが飛び出し1点を先制する。
また、4回にはロドリゴ・ビヒルの犠牲フライで1点を追加し2-0とパナマはリードを広げる。
ドミニカは6回、1、3塁のチャンスでエスピナルが2点タイムリーヒットを放ち同点に追いつく。
しかし地元パナマは7回、死球で出たランナーを3塁まで進めると、ロドリゴ・オロスコのタイムリーで勝ち越し。
更にジェラルド・チンの緩い内野ゴロの間にランナーが隙をつきホームイン。
4-2と勝ち越しに成功する。
追い込まれたドミニカは何とか追いつきたいが、8回はパナマのリリーフ陣、アンディ・オテロ、エンリケブルゴス。
そして9回は元メジャーリーガーのマヌエル・コーパスに一人のランナーも出せずゲームセット。
パナマは強豪ドミニカに対し4-2で勝利を収めた。
パナマがカリビアンシリーズで最後に勝利したのは1960年であり、この勝利は59年ぶりの歴史的勝利となった。
BOX SCORE (DOM 2-4 PAN)

Comment


          
プエルトリコ現地時間
プエルトリコの天気